はじめての飲食業界タイムスケジュール

募集要項

求人番号
業種・職種
募集職種
タグ
具体的な仕事内容
身につくスキル
応募資格
給与
休日・休暇
待遇
勤務地
店舗例

会社概要

資本金
従業員数
本社所在地
チェックポイント
ワンポイント

お店の流れを知る

飲食店には「ランチタイム」「アイドルタイム」「ディナータイム」「深夜営業」という大きく分けると4つの時間帯があります。さらに、、ホールスタッフ、キッチンスタッフで勤務時間は全くことなるといってよいです。

ランチ営業がある場合はランチ開始1時間前に出勤し、掃除、開店準備。ランチラストオーダー後はキッチンはディナータイムの仕込み、ホールスタッフは在客対応。ディナー営業から深夜営業にはいるまえに、スタッフの入れ替えなどがあります。

休憩時間

アイドルタイムで休憩をすることが多いです。
15:00~17:00ごろの時間帯をいい、お客様もまったりゆったりする時間帯であり、店舗によっては営業時間外(クローズ)になっています。
ホールスタッフは夜の準備、キッチンスタッフはディナータイムの仕込みなど、スタッフ同士で時間をずらして休憩に入る場合が多いです。

深夜営業のお店での働き方

営業時間は23:00~5:00ごろに勤務することになり、企業によっては深夜手当がつきます。
来店客が少なければ、翌日の営業の準備をしたり、お店をきれいにしたりしています。
ディナータイムを営業している店舗では、一週間は深夜勤務、休みを挟み、次週は通常勤務などシフト制になります。

拘束時間が長いと感じる方へ

拘束時間が長いと感じる方は多いと思います。
昔は朝から夜遅くまでという企業が多々あり、さまざまな事件が起きていました。
そのようなこともあり最近では、労働基準監督署も厳しく注意するようになり、勤務体制も見直しされている企業が多くなってきています。


関連求人

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録