【転職・飲食業界】 職務経歴書の書き方の4つのポイントをマスター!

職務経歴書
転職するには履歴書のほかに、「職務経歴書」が必要になります。職務経歴書とは、業務スキルを可視化したものであり、この紙一枚で、選考通過がかかっている非常に大切なものです。「スキルは見てもらえば十分わかってもらえる!」とおっしゃられる方もいますが、転職活動の第一ハードルはこの書類選考といっても良いです。不慣れなことだと思いますので、書き方のポイントをご紹介いたします。

業務成果を明確に書く

飲食店の職務経歴書に関しては、店舗での

  • 経験年数
  • どんな業務を行ったのか
  • 店舗情報(席数、客単価)

の基本情報のほか、その店舗での過去比較等があると良いです。もちろん、過去の数字より成長していることが望ましいのですが、それをしっかり、わかりやすく明記することで「どこまでの業務をお願いできるのか」を採用担当者が考えることが可能になります。

用紙と書式スタイルく

A4用紙が多いです。ネットで検索すればたくさんのサンプルフォーマットがありますので、参考にすると良いかもしれません。

新卒就活であれば「手書き」が一般的ですが、転職の場合はパソコンによる提出が多いです。文字もきれいです。汚いものよりきれいな提出物であれば、それだけでも、清潔感をアピール事ができます。飲食店は清潔が命ですので、選考書類の段階からアピールしていきましょう。

読みやすい文章表現

「ですます」に揃えることに注意しましょう。また、アピールしたいことがしっかり伝わるように明記します。スペースも有効活用しましょう!

一つの文章は長すぎず短すぎず。読み手のことを考えて書くことに注意します。もし、不安であれば箇条書きでも構いません。企業ごと、店舗ごとでまとめて書くと時系列ではあくすることが、でき、どんな経験を積んできたのかをすぐにイメージさせることが可能になります。

得意分野やスキルもワンポイント

自己PR内容としては、得意分野や作業、スキルを書くことも大切です。

  • 店舗のマネージメントはが得意
  • 常連顧客を120%アップさせた
  • 売上が少なくとも利益を上げることに成功している

など、非常に有益な情報です。

一つでもいいです、胸を張って発言できることをしっかり書くようにしましょう。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録