待ってました!!ボジョレヌーヴォー!!解禁!!2016!!

 

ご無沙汰してます!コンサルタントの角野です!今年もやってまいりました!ボジョレーヌーヴォー!

今年の解禁日は11月17日となっております!!

 

解禁に向け胸が高まりますね!!

盛り上がってますか!?

そうでもなさそうですね!!

 

実際、いまいちよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。

 

ですので今回はボジョレーヌーヴォーに関してのまとめです。

 

  • そもそもボジョレーヌーヴォーとは何なのか?

 

『ボジョレー』

フランスにおける二大ワイン生産地区ブルゴーニュ地帯の最南端、「ボジョレー」という土地名です。(もう一つの生産地区は「ボルドー」です。)

 

『ヌーヴォー』

フランス語で「新しい」という意味です。

imgres

ですので、ボジョレーヌーヴォーとはその年に収穫され、醸造された《新酒》のことなのです。

 

前述の「ボルドー地区」は熟成させカベルネソービニヨンなどの品種をメインにし、いわゆる『重い』ワインです。

 

 

対して「ブルゴーニュ地区」はピノノワールやガメイといった軽めの品種を使った『軽い』味わいとなる傾向があり、その分熟成年数も比較的短めです。

 

ボジョレーヌーヴォーはブルゴーニュの最南端でできる最速のワインということで、もともとはその年のワインの良しあしを占う試飲酒的立ち位置だったんですね。

 

 

  • なぜ解禁日が毎年バラバラなの?

 

試飲酒ではあったものの、初物をありがたがるのは江戸っ子でもフランスっ子でも変わりないようで、当初、皆競い合って、どんどん早めて商品化しておりました。

 

ワイン大国フランスですから、ワインの品質が結果下がってしまうことを嘆き、そこで設けられたのが「解禁日」です。

 

かつては11月11日と決まっていたのですが、

それだと毎年曜日がバラバラになり、酒屋さんがお休みの日もあるじゃない!

等の理由から

 

【11月の第三木曜日】

 

と決まりました。

 

 

と、まあ以上の様な経緯もあり、一定の品質熟成によって担保しつつ、軽やかな味わいなのがボジョレーの特徴であるといえそうです。

 

今年のボジョレーがどのような変化を遂げていくのだろうかと思いを馳せながら秋の夜長を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

ちなみに私が好きなのは若い赤ワインのコーラ割です。

こんだけ言っといてなんですが掟破りです。

カリムーチョというカクテルになるそうです~。

ご興味湧かれるようでしたら1度お楽しみください!

unnamed

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録