暑い夏を乗り切りましょう!夏バテ予防について★

こんにちは。担当のNです。

今日の東京はあいにくの雨ですが、各地で梅雨明けが発表されるなど夏が始まっていますね。

そこでは本日は夏本番に向け夏バテ対策について調べてみました!!

 

そもそも夏バテって??

日本の夏は高温多湿な気候。

そのような環境中、人間の体は、暑い中でも体温を一定に保とうとして、

普段以上のエネルギーを消費して体に負担をかけます。

多くの場合は、その負担にも耐えられるようにできているのですが、

過度に負担が強くなったり長引いたりすると、

体が対応に追いついずだるくなったりするのです。

 

また、暑いことで、食欲がなくなり栄養が偏ったりすること、

さらに冷たい水分を多くとることで胃腸の働きが弱くなりさらに食欲がなくなる…

という「負のスパイラル」に陥りがちなのです。

これが夏バテが起こり、症状がひどくなる原因だそうです。

 

予防策は?

ずばり、予防策はしっかりとした睡眠・食事をとることです笑 (暑さはどうしようもないので・・・)

睡眠はそれぞれお忙しい方がほとんどだと思いますので、

今回は「食事」に焦点を当ててお話をしていきたいと思います。

 

まず、夏バテ予防に効果的な栄養素は

  • ビタミンB1 豚肉、ごま、うなぎ、大豆、カツオ、玄米など

糖質→エネルギーに変えるのに必要で、不足すると疲れやすくなります。

  • ビタミンA レバー、うなぎ、人参、カボチャ、赤ピーマン、ニラなど
  • ビタミンC キウイフルーツ、じゃがいも、赤、黄ピーマンなど

体の抵抗力を高める栄養素。体の土台作りにも必要な栄養です。

  • タンパク質 肉、魚、玉子、乳製品、豆製品など

しっかりとした体を作るのに必要な栄養素。

  • ミネラル

汗などで一緒に放出されてしまうため、補うことが必要です。

 

さらに、夏バテの疲労回復に効果的な栄養素

  • アリシン にんにく、たまねぎ、ニラ、ネギ、らっきょうなど

ビタミンB1を効率よく摂取するために必要な栄養素です。

  • クエン酸 レモン、梅干し、酢

疲労回復に良いとされている栄養素。

※筋肉疲労の際は、乳酸がたまるといいますが、乳酸は疲労を回復させるエネルギー。

乳酸を疲労回復のエネルギーに変える際に働くのがクエン酸を言われているそうです。

 

これらの栄養素を摂取するためにごはん・汁物・主菜・副菜などを食べるのがベスト・・・

ですが、こんなに食べられない!という方におすすめなのが例えば、

  • 夏野菜カレー(ごはん野菜肉がバランスよくとれますよね)
  • そうめん(ハム野菜玉子をトッピング)
  • 冷やした牛乳で果物のジュー

うまく組み合わせれば、簡単に摂取できそうですね!

 

まとめ

いかがでしょうか。

摂るべき食材を覚えれば、工夫次第で効率よく栄養がとれますね!

しっかりと、健康な生活をしてこの夏も乗り切りましょう!

 

≪参考≫

夏バテの原因と対策!効果的な栄養素や食べ物で夏バテを解消!

http://natsubate.x8q.net/001/ent1051.html

http://www.meiji.co.jp/sports/savas/lecture/n9_2.php

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録