飲食企業での働き方

普段、就職の支援をさせて頂いているのですが、

その中で飲食う業界に限らずだと思いますが、

雇用形態や働き方が、実に多様化してきている事に、

改めて気づかされることが多いです。

 

本日はその一例を共有させて頂きます。

 

▼社内の独立制度。

データによっては飲食業界に従事する方々の、

約半数が独立を将来的に考えているという事まで、

お聞きすることがあります。実際にお話を伺いしていても、

やはり独立希望の方は多いですね!

子会社社長、FCとしての独立、業務委託など形態は、

様々ありますがやはり会社としても社内で成長した人材を、

外に流出させるよりは独立してwin-winの関係を作りたい。

と考えることが多いようです。

独立の利益分配なども様々なので気になる方はご相談ください!

 

▼土曜日、日曜日がお休み。

飲食店といえば土曜日、日曜日は搔きいれどき。

そう思ってらっしゃる方が多いようにうかがえます。

ただ、オフィス立地など休日は人通りが少ないエリア等は、

逆に土日をお休みにして平日のみで収益を立てている店舗も、

少なくないようです。当然働く従業員の方々も土日がお休みです。

最近は、あえてオフィス立地に店舗を出し社員のニーズに、

応えていこうとする企業も出てきています。

 

▼本部職(商品開発、業態開発、採用業務)としての活躍。

専門職、本部職としてのご経験がない方でも、

開発職などへの活躍を広げていきたい。というニーズを多々頂きます。

会社によっては即戦力としての経験者のみしか募集しない企業もありますが、

中には、各店舗で各々メニュー開発を行っている企業もあります。

そういった企業に入れば狭き門の開発職などへも、

チャレンジできる機会も一気に広がるかと思います。

また、店舗スタッフから積極的に本部採用を行う企業もあり、

そういった企業を狙っていくのもよいかもしれません。

 

このように、入社時の条件提示などは一見同じでも、

まったく同じ企業というのはないようですね!

折角、自分が入社する企業なのでしっかりと情報収集に、

励んで是非よい就職を見つけていきましょう。

 

以上、参考になる部分があれば幸甚に存じます。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録