ひな祭りにちらし寿司を食べるのはなぜ?

 

【エフジョブ】ひなまつり2

 

こんにちは!S田です。
インフルエンザがピークになり、花粉がピークになり、マスクのありがたみを感じる今日この頃です。

本日は3月3日ということでひな祭りですね!
女の子のお祭りということで、小さい頃にはなじみ深いイベントだと思いますが、日本人形が苦手な私は中々ひな人形に近づくことが出来ず、常に一定の距離を保っていた思い出があります…。

ひな祭りには毎年ちらし寿司を召し上がるご家庭もあるかもしれませんね。
見た目も華やかで、大好きなお子様も多いかと思います。

ところで、ひな祭りにちらし寿司を食べる理由…ご存知でしょうか?
今回は【ひな祭りにちらし寿司を食べるのはなぜか】をお伝えさせて頂きます!

ひな祭りとは?

 

-shared-img-thumb-ANJ77_tukuenoshitanikkori20141115104922_TP_V

 

平安時代が起源である「五節句」という行事が日本にはあります。
季節の節目に身の穢れを祓い、健康長寿や厄除けを願う風習として現在にも残っているのです。

– – – – – – – – – – – – – – – – –
・1月7日の「人日(七草がゆ)
・3月3日の「上巳(桃の節句)
・5月5日の「端午(菖蒲の節句)
・7月7日の「七夕(星祭)」
・9月9日の「重陽(菊の節句)」
– – – – – – – – – – – – – – – – –

戦国時代が終わり、江戸時代ごろに3月3日での端午の節句は女の子のための行事として定着されたのです。
現在では、女の子の初節句にはひな人形を用意し、健やかな成長と幸せを願いながらお祝いをしていますね。
ちなみに「ひな人形」ですが、穢れを移す身代わりとし、川に流していた【人形】と平安時代に行われていた人形遊び(【ひいな遊び】)が結びついたとされています。

参考:http://www.about-hinamatsuri.info/

ちらし寿司の由来とは?

 

c50580afb88c40fd43977fab242134c6_s

 

実は、ちらし寿司そのものには意味はありません。ちらし寿司に使われる食材に意味を持っているのです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
・えび <意味:腰が曲がるまで長生きできますように>
・れんこん <意味:将来も見通しが良い>
・まめ <意味:健康にマメに働けますように>
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

上記以外でも春を感じられる菜の花などを使うちらし寿司が多いですね。
こちらの食材を使え、見た目が華やかということでちらし寿司が定着したようです。

参考:http://ii-nippon.net/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%A2%A8%E7%BF%92/1337.html

まとめ

 

ひな祭りの由来、ちらし寿司の意味…ご存じでしたでしょうか。
平安時代から続いていたかと思うと不思議な気持ちになりますね。

春の食材を使ったお料理もそろそろ楽しめそうな季節になってきたのですね!
菜の花を使ったり、タケノコを使ったり…。

エフジョブでは、調理スタッフや商品開発のポジションの求人もございます。
ご興味ございましたら、ご連絡頂けますと幸いです。

ご一読頂き、有難うございました!

 

 

S田

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録