飲食業界の職種紹介

職種紹介
「飲食業界で働く」といってもホールなのか、キッチンの2種類のほか、細分化するとたくさんの職種があり、お店を支えております。もちろん、その道のプロフェッショナルもいますので、いろいろ知識をいれておき、今後のキャリアに生かすことをおすすめします。

ホールスタッフ

来店され席についているお客様のオーダーを伺う、料理の配膳をする、お客様に気を配り、水の継ぎ足し、テーブル周りの清掃な状態に保つというの業務なります。
端的にこなすのではなく、やはりお客様との「会話・コミュニケーション」が一番の仕事になってきます。
このコミュニケーションが楽しく従事しているかたが多数だと思います。

店長・マネージャー

年間の予算をたて、その売り上げを達成できるよう、さまざまな施策を考え、実行していきます。
人件費、食材原価、機材、備品類などお金の管理のし、お店を切り盛りしていきます。
運営という面では、店舗スタッフの声・お客様の声をきき、お店に反映させ、お客様により良い・過ごしやすい環境を提供する責任者になります。
お客様トラブル・クレームなどがあった場合も率先して解決する立場にもなりますので、ホールスタッフの経験が問われます。

キッチンスタッフ

いただいたオーダーを間違いなく、おいしくお客様に召し上がっていただくために、調理するスタッフです。
まずは仕込み、盛り付けを先輩から教えてもらい、経験を積んでセクションリーダー、のちに料理長に昇給していきます。
業務は店舗によて呼び方は変わるともいますが、油を扱うポジションをフライヤー、サラダや簡単な冷ものを扱う場所をサラダ場、刺身などを調理する場所を刺し場など、他にも炭場、寿司場など呼んでいる店舗もあります。

料理長

店舗の料理責任者です。スタッフが調理した料理の盛り付けをチェックしたり、仕込みの味付け、仕入れ業者との食材交渉など業務は多岐にわたります。 昨今、食中毒事件が多発するようになり、そのような事件を起こさせない体制つくりも料理長の責任になります。
責任ばかりの仕事かもしれませんが「自分色の料理」を提供できるポジションなので当然やりがいはあります。

バーテンダー

リキュールとジュースなどを組み合わせて、お客様にあったお酒を提供するスペシャリストです。
お酒の名前ひとつとっても由来があったりしますので、それを勉強してバーテンダーを目指す方も多いです。
バーテンダーの世界にも「独創性」「味」「シャーカーの振り方」などで世界一をきめる大会もあります。

パティシエ

正式にはフランス語で菓子製造人を意味する名詞の男性形。女性形はパティシエールといいます。
国内ではパティシエという言葉は、男性、女性の区別なく菓子職人のことを指すことが多いです。デザートを作る専門職になりますが、洋菓子、和菓子、スイーツなど幅がひろくとらわれるようになってきています。パティシエの専門学校もあります。

本部スタッフ

総務・人事・広報を担当することが多いです。 チェーン店をもつような企業は、本部にて、スタッフの勤怠管理、プレスリーリースを一括でおこなうことになります。
全国展開、世界へ進出している企業であればスタッフ数も多いです。

店舗開発

出店計画・土地調査をおもに行います。
計画には、近隣周辺の人口調査、生活スタイル、トレンドのほか、予想売上と土地価格、店舗制作費用の計算などがあります。多大な損益を生みかねない、逆にいえば大きな利益をうむような土地の発掘もできるというダイナミックな仕事といえます。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録