コンサルタントが書くノウハウ集

飲食業界の履歴書、職務経歴書知恵袋

初めての転職の方はもちろん、久しぶりに転職される方も履歴書の書き方を忘れていることが少なくないです。今回は、履歴書、職務経歴書の書き方をレクチャーしていきます。積極的な姿勢や人柄など評価される最初の関門なので注意深く取り組みましょう!

 

履歴書のここがポイント!

はじめに

最初に何をすればいいのか迷っている方は多いはず。そのような方は下記のことをまずやりましょう!

志望動機を書く前に自己分析が必要です。今までの経験と志望している会社研究が必要です。なぜ、その会社のポジションを応募するのか、自分の経験がどのように活きるのか、また、ない場合にはどのように働く意欲があるのかを具体的に書きましょう。

色々な経験をプラスの経験に

転職する際にはいろいろな理由がつきものです。例えば、人間関係や家庭の事情など理由としてあげられます。

特に、人間関係についてはネガティブな印象を与えやすいのでさけた方がいいでしょう。その当時にネガティブな意見があっても現在ではポジティブな印象になっていると述べた方がいいでしょう。例えば、「その当時はきつい業務をしていたのですが、現在ではその経験から強い忍耐力がつきました。」とかがいいでしょう。

履歴書、職務経歴書は簡潔に

基本的に”結論から書く”を意識しながら書くと簡潔な表現になり、志望企業の人事の方が見たとき分かりやすく伝わりやすくなります。忙しい人も多いのでそのような文章を書いて見やすくするのがポイントです。

履歴書、職務経歴書は正確に

履歴書、職務経歴書に関すること、特に学歴の書き方なども迷っている方が多くいらっしゃいます。特に、暦に関することや誤字脱字、または学歴に関する表記のミスなどマイナスポイントになるので応募する前に念入りにチェックすることをオススメします。

長期的に働きたいことを伝える

転職する際のポイントとして長期的に働けることがとても重要です。飲食業界では短期的に辞める人が少なくないので、応募元の特徴を把握して何故そこの環境だと長く働けるのかを理解する必要性があります。そのようなことを志望動機に入れておくと印象がいいでしょう。

転職お役立ちコンテンツ

 

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

 
会員登録