「人が長く続く」。熱い理念を持った火の国発祥の飲食企業【株式会社フォーユー】

Pocket

IMGP4452

2001年から飲食事業をスタートさせた株式会社フォーユー。発祥の地は、火の国と呼ばれる熊本県です。その名の通り、熱い情熱を持って「お客様に地域で一番喜んでいただくお店になるためには、何をすべきか」を考えた展開を見せています。

「博多餃子舎603」や「博多一番どり居食家あらい」など様々な店舗を手がける同社は2006年、満を持して関東に進出。しかしながら、「最初は大失敗だった」と荒木聡取締役部長は話します。

現在は関東圏でも順調に店舗を増やし、アルバイトを含めスタッフ約700人を抱える同社。その成長の陰にあったのは、「来るもの拒まず去るもの追わず」のスタンスと、居心地の良いコミュニケーションでした。

IMGP4426

荒木 聡 氏
取締役部長

1977年生まれ、熊本県出身。高校卒業後に上京したが結婚を機に帰郷。2002年に株式会社フォーユーへ入社した。「博多一番どり健軍店」からキャリアをスタートさせ、複数の店舗オープンメンバーに。入社3ヶ月で健軍店の店長に就任。その後マネージャーを経験し、当初は8店舗、最高20店舗弱を管理。2015年から取締役部長を務める。

入社してからこれまでを振り返ってみて、いかがですか?

荒木
高校時代にハンバーグ屋でのアルバイト経験があったことも手伝って、入社した当初は「半年か1年働いたら独立しよう」と考えていたんです。しかし、店長やマネージャーなど様々な立場や経験を通してこの会社で働くことに楽しさを感じるようになり、今に至っています。
管理する立場になると会社の多彩な数字が見えてきて、管理の難しさを感じる一方、とても勉強にもなりますね。特に2006年の関東進出は苦い思い出の一つ。フランチャイズ加盟店として出店しましたが、見込んでいた売上と実際の数字があまりにもかけ離れていたんです。そこで、「このままでは駄目だ」と奮起。他業態を展開することで、なんとか数字を作っていきました。

 

現在の業務内容について教えてください。

荒木
弊社は大きく分けて関東と九州エリアに展開しており、各エリア担当者が店舗を管理しています。彼らと社長の間に入って、経営をサポートするのが私の役目です。九州エリアに関しては、面接も担当しています。

IMGP4465

では採用や教育について、ご自身の考えをお聞かせください。

荒木
まず、採用については、年齢や性別、経験などは関係なく、本人のやる気を評価します。そして、弊社の理念を素直に受け入れられる人であれば、どんな人でも採用していますね。

教育については、意識統一を目的として、全従業員に弊社の理念が記載されている手帳を携帯してもらっています。それから全体会議を年2回、エリア会議を年6回実施しており、店長以上の立場のスタッフは会議後の懇親会への出席が必須です。そこでは、「店長は会社のサラリーマンではなく、いわゆるオーナー。自分の給料は自分で稼ぐつもりで取り組むことが大切」など、仕事への意識を伝えています。

社員とのコミュニケーションも重視しており、年2回の個人面談を実施。諏訪下正俊社長と私、社員の3者で行い、仕事から家庭のことまで何でも話し合います。この面談は私にとっても非常に楽しみなもので、社員の考えを深く知ることができる良い機会です。それに、社員が何か問題を抱えているなら、まずはそれを浮き彫りにすることが必要。面談をきっかけに解決すべきことを明確にして、少しでもスタッフの負担を軽減できればと思っています。
また、バーベキューなどのレクリエーションも企画しています。このような場の方が、腹を割った有意義な意見交換ができる場合もありますからね。

なるほど。人とのつながりを大事にしているからこそのエピソードはありますか?

荒木
私が店長時代にアルバイトだった子の結婚式に出席したことがあります。弊社は居心地が良いみたいで、スタッフでもアルバイトでも勤続年数の長い人が多いんです。その一方で、会社を辞めて独立した人から売上などの相談をされることも。そんな時は人と人との「つながり」を感じますね。

現在、積極的に取り組んでいることは何ですか?

荒木
労務環境の改善です。飲食業は時期によって人の入れ替わりが激しいので、どうしても慢性的な人材不足に陥りがちです。やはり会社は人だと思います。まず人があって、その後に規模拡大です。会議や面談などの社内コミュニケーションを通して問題を見える化して、それを一つずつ解決していくことが、労務環境の改善、引いては従業員幸福度の向上につながっていきます。人の基盤を作ることこそ、時代の波に対応できる方法なのではないでしょうか。

 

IMGP4431

プライベートではどのような店に足を運びますか?

荒木
大衆系のハッピーアワーなどを行っている居酒屋でワイワイするのが好きです。もちろん自社の店も好き。週末などは、たまに現場スタッフとして店舗を手伝うこともありますよ。勉強という意味では、元気のある店に注目します。また、鮮度の高い情報も仕入れるようにもしていて、先日は最新の低温調理器具を導入している店を視察しました。

ありがとうございます。では最後にメッセージをお願いします。

荒木
年齢、性別、経験も関係なく、上を目指せる会社です。独立志向も歓迎しています。もちろん長く働く人もたくさんいます。とにかくやる気が大切。私たちの熱い理念に共感してもらい、勉強して成長してほしいと思っています。

運営企業

王佐の才を運営するエフジョブは、飲食業界をもっと良くしたいという想いを持った企業様・転職希望者様を支援させて頂いております。ご興味ある方は下記よりご相談下さい。
飲食業界への転職をご希望の方はこちら
採用に関するご相談の企業様はこちら

Pocket