心の拠り所に、みるみる人が集まる飲食会社の秘密とは?目指すは10,000人企業!【株式会社ヴィクセス】

Pocket

【王佐】ヴィクセス1

—ピザが自慢の「UeCONA」に始まり、カジュアルなイタリアンレストランを数多く手がけているのが、渋谷に本社を構える株式会社ヴィクセスです。同社のヒットブランド「ESOLA」シリーズは、バルとレストランの間をとったようなポップさとハイクオリティーが共存する店舗。ワイン100種、時間無制限飲み放題プランが話題を呼びました。
同社の中元孝太代表取締役は、飲食店の現場は未経験でしたが、2010年に起業し、現在はグループ全体で25店舗を運営。従業員はアルバイトを含めると約250人に上ります。今回は中元社長を支え続け、発展を牽引する会社の右腕、安田容行取締役営業本部長にスポットを当てます。

【王佐】ヴィクセス

安田 容行 氏
取締役営業本部長
1982年生まれ、京都府出身。学生時代は2年間、バーテンダーとして飲食業に携わる。4年制大学を卒業後、店舗流通ネット株式会社に入社。飲食出店、開業のサポートからコンサルティング、債権回収まで幅広く担当した。2011年に、店舗流通ネット時代の先輩でもある中元代表と合流する形でヴィクセスに入社。マネジャー業務、人事、財務、商材開発から現場まで、現在でもあらゆる業務をこなしている。

怒涛のような7年間。どのように代表をサポートしているのでしょうか?

【王佐】ヴィクセス2

安田
中元も私も、店舗流通ネット時代の経験が今に生きていると思います。中元はそこで出店のノウハウを得て、数年先のトレンドを見据えられる目を持っている、発想の企業家という感じ。

対する私はバーテンダーでサービスの楽しさを知り、スーパーバイザーというポジションも経験しました。店舗の管理やアイデアを形にすることが今の私の仕事です。

中元はアンテナが高く、多くの情報を収集します。そこから固定概念を覆すようなアイデアが出てくるのです。これは飲食現場を経験していないからこその柔軟な発想。中元が“攻め”なら私は“守り”という具合にバランスをとって進んできました。

 

今では社員は55人、アルバイトスタッフを含めると約250人という大所帯ですね。

安田
そうですね。何でもやらなければならない立場ですが、私は特に「人」に力を入れています。店長の育成、2番手社員の教育、新卒や中途の採用です。ヴィクセスは今年12人、来年も13人の内定が決まっています。毎年10人ほどの人材が仲間になりますが、他からは「よくそんなに人が集まるね」と驚かれます。

大事なのは仕事と会社、両方を好きになってもらうこと。シナジーが生まれるように働きかけることです。本部と各店舗の店長とは、毎月実施している研修で連携を図ります。

また、店長とスタッフがラブレターを送り、読み合うという、一風変わったこともしていますよ。手紙なんか出すことも読むこともなくなってきた世の中ですが、ここで普段言えないような意見を交換したり、良いところや直して欲しいところなどをざっくばらんに伝えたりするのです。

最初は汲み取れなかった気持ちも、これのおかげで信頼関係が生まれてきます。店長とスタッフに信頼関係がある店舗は強いのです。外部企業と提携したサービス研修も導入しています。ここでは外からの新しいアイデアを身につけることができる、そんな環境です。

2ヶ月に1度のホームパーティーも好評。これは中元代表の自宅に、社員やアルバイトを招いてコミュニケーションを図っています。

社内SNSを活用したサンクスギフトも有効ですね。例えばスタッフが他店舗に客として足を運び、良いサービスを受けたら「ありがとうコイン」を送るのです。どこの店舗の誰が一番コインを獲得しているか、誰が多くコインを送っているのかがランキング形式で分かるようになっていて、とても活発な動きが見られます。

このような事業は人と人を強い絆で結ぶことにつながり、結果「この人のために何かしたい」という思想を醸成すると感じています。私たちのビジネスポリシーはお客様、取引業者、仲間、家族に感謝して働く「他人本位」です。

とても面白いですね!そんな人材が集まった御社の、今後の展開はどうお考えですか?

【王佐】ヴィクセス3

安田
「ESOLA」シリーズの中で焼肉ワインバルとして「mEatESOLA(ミートエソラ)」を展開しています。現在は中目黒と田町に店舗がありますが、今年8月には川崎で出店を予定していて、このブランドを根付かせたいと思っています。収益構造を確立して、パッケージ化も視野に入れています。

会社全体としては、今まで店舗数を増やすことに重きを置いていました。これからは5年以内に「10,000人企業」を目指していく。働く仲間やその家族など、関わりを持つ人が10,000人いる企業です。

実際、ヴィクセスは家族間の交流も多いですし、家族と過ごす時間を大切にしてもらいたいと思っています。私も会社の集まりに家族を連れて行きますよ。ヴィクセスが、そういった人たちの心の支えになれたら良いですね。

ありがとうございます。最後に未来の仲間にメッセージを。

【王佐】ヴィクセス4

安田
私たちはやってみて、失敗して反省するシンプルなトライアルアンドエラーができる人たちを求めています。もちろん、考えて行動することも大事ですが、まずはやってみることです。

この業界のみならず、大変じゃない仕事はありません。でも、飲食業は一国一城の主として何億という数字を稼げる手段があります。ヴィクセスの経験を生かして独立することもウェルカムです。夢と信念を持って、一緒に走っていけたら嬉しいです。

運営企業

王佐の才を運営するエフジョブは、飲食業界をもっと良くしたいという想いを持った企業様・転職希望者様を支援させて頂いております。
ご興味ある方は下記よりご相談下さい。
飲食業界への転職をご希望の方はこちら
採用に関するご相談の企業様はこちら

Pocket