飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

履歴書の正しい書き方について

こんにちは。担当のNです。
今日、8月23日は処暑(しょしょ)と呼ばれる日で、夏の終わりごろとされる暦だそうです。
昔の中国の暦なので、現在の日本の気候とはズレていますが・・・笑
 
話はそれてしまいますが、今回は「履歴書の書き方」について書きたいと思います。
履歴書ってアルバイトを始めるころから書いていますし、
職務経歴書に比べると書き慣れている方も多いのではないでしょうか。
しかし、弊社でお会いする転職希望者の方の履歴書を拝見すると…
意外と正しく記入できている人、少ない・・・という現状があり今回はこの題材を扱わせて頂きます。
 

履歴書の役割について


履歴書とはどのような役割を持っているのでしょうか?
職務経歴書と同じく、採用担当の方が「応募者はどんな人なのか?」を把握するためのもの。

  • 職務経歴書=これまでの職務経験やスキルを見るもの

  • 履歴書=名前、年齢、性別、住所、学歴、所属会社等の基本的なプロフィールを見るもの


 
なのでまず面接をしてもらうための資料であり、面接でも見てもらう資料でもあるのです。
そして、就職活動や転職活動では社会人であることが大前提(もしくはこれから社会人になろうとしている人)であるため
履歴書をきちんと書くことは 【最低限必要なこと】 まで言われています。
なので、正しい履歴書の書き方をおさらいさせて頂きます!
 

履歴書の書き方


まず、大前提としてですが、手書きが良いのか?PCで作成して良いのか?についてです。
就職活動では手書きが良い!とされていましたが、転職活動ではどちらでも構いません。
下記それぞれメリットがあります。
 
手書きのメリット・デメリット

  • 1枚1枚手で書くことにより誠意が伝わる

  • 1社1社手書きなため時間がかかる(使いまわしはNGです)


PC作成のメリット・デメリット

  • 1回作ってしまえば、プリントアウトするだけなので手間が省ける

  • 手書きと比べてしまうと温かみがない


それぞれのメリット・デメリットをみて、在職中でお忙しい方であればPC、お時間があるのなら手書きなど
個人の生活リズムなどで決めて頂ければと思います!
 
また、下記点も注意してみてください。

  • 黒いペンで記入する(普通のボールペンよりもインク型がベスト)

  • 正しい字できれいに書く(相手に読みやすい字で書きましょう)

  • ふりがなもしっかりと(ふりがな→ひらがな、フリガナ→カタカナ)

  • 修正ペンなどは使わない(間違えてしまったら潔く書き直しましょう)

  • 履歴書全体で西暦が元号(昭和・平成など)を統一する

  • 略さず正式名称で書く(?ではなく株式会社、高校ではなく高等学校など・・)

  • 学歴と職歴は分けて書く(表題を付けるようなイメージで分けて書く)

  • 家族欄(配偶者の有無など)も忘れずにチェック


上記は、しっかり守りましょう!
 
また、下記の小技?も活用するといでしょう。
◆趣味・特技の欄
趣味・特技の欄は、自己PRにつながったり、緊張する面接で雑談をして緊張を解くために
活用することもありです!
例えば、飲食業界の転職でしたら
○年間スポーツをしていました→体力には自信がありチームワークと作ること得意です
食べ歩き→他の飲食店のいいところの発見をしています
などと書くと自己PRにもつなげることができます!
 
◆派遣・アルバイトの職歴が多く転職回数が多く見えてしまう
*派遣の職歴が多い場合
派遣元が同じであれば、統一しても問題ありません。
下の行に、どの派遣先で働いていたかを記載するとすっきりして見えます。
*アルバイトが多い場合
残念ながら、アルバイトは職歴に含まれません。
1つのアルバイト先で長く働いていた方は、「継続性」をアピールできる可能性もあるため書いてもOK!
ですが、複数アルバイトをしていて長くなってしまう場合は職歴に書かず、
空白期間が空いてしまうと懸念にもなってしまう可能性があるため
備考欄などに「○年~○年は○○のアルバイトをしていました」と書くとよいかと思います。
 

まとめ


いかがでしたでしょうか。履歴書といえどもいろいろ書き方が決まっています。
参考にして書いていただければと思います!
※弊社では履歴書と職務い経歴書の添削もしておりますのでお気軽にお声がけ下さい!!
 
【参考】
http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/24doc.htm