飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

面接で聞かれたら困る内容6選

面接をしていると、予期していない質問が投げかけたり、答えるのが難しく考えこんでしまう内容があったりしますよね。
事前にどんな質問が問われるのかわかっていれば、対策もできるし、実際に答えづらい質問に出くわしても余裕が生まれますよね。
今回は、今までに聞かれてちょっと答えづらい質問をまとめました。
面接では一体どんな質問が問われるのでしょうか。

1.今までの人生で挫折したことは何ですか?


自分の中で挫折というほどの経験をしたことがなく、何を答えたらいいのかわからなくて沈黙が生まれてしまった・・という方もいるのではないでしょうか。
挫折とまではいわなくても、今までで一番失敗した経験を話すのもありだと思います。
面接官は、挫折からあなたがどう乗り越えて成長したのか知りたいので、自分の中で挫折した経験を話し、それをどう乗り越えたのかを話しましょう。

2.動物に例えると何?


いきなり動物に例えると何?と聞かれても困りますよね。
予想外の質問をされた際にどう機転よく対応するかが見られています。
この質問がされた際は、自分の性格に合う動物をあげ、なぜその動物を選んだか答えれば問題ないでしょう。

3.あなたのキャッチコピーは何ですか?


キャッチコピーは長所や特徴を簡潔に伝え、売り込むことができます。
企業に一番アピールしたい事柄をあげ、それを表現する言葉を見つけましょう。
動物やモノ、道具に例えるのもいいですし、比喩を使ったり捻った表現を使うのもありですね!
しかし、仕事に役立たないことをいうのは控えましょう。また、あまりに飛躍しすぎた表現も使わないようにしましょう。

4.あなたにとって働くとは何か?


なぜ大学卒業後に社会人として働くことを選んだのか。
あなたがなぜ働くことを選んだのか聞いているので、働いて自分が成し遂げたいことや叶えたい夢を話すといいでしょう。
そして、自分にとって働くことが志望している企業とどう関係があるのかと、企業とリンクした事柄を加えるといいですね。

5.休日の過ごし方を教えて下さい


普段どのように過ごしているのかみています。
休日の過ごし方は、人間性が垣間見れることができますので、「だらだら過ごしています」などよい印象を与えない発言は述べないようにしましょう。
「最新スポットに訪れ、流行をおさえています」と好奇心旺盛な所をアピールしたりと仕事に関連する過ごし方を言うのもいいですね。

6.最後に何か質問はありますか。


面接官からの質問が終わったかと思いきや、最後に逆質問されることが多いです。
この時、「何もありません。」と応えるのは控えましょう。
最後に与えられたアピールする絶好の機会ですので、質問を事前に用意しておき、問われた際にスムーズに言えるようにしておきましょう。
ここでは、相手が答えやすい質問を問いましょう。
人事の方には、「活躍する社員とそうでない社員の以外は何でしょうか」と聞いてみるのもいいですね。現場の方にはより現場に沿った内容を尋ねてみるのがいいですね。
逆質問は何を聞けばいいのかわからないという方も多いと思いますが、企業について調べるうちに
疑問に思った点が出てくると思います。疑問点をメモに残しておいて質問できるように事前に用意しておきましょう!
どれもその場で聞かれたら、答えるのに悩んでしまうものが多いですね。
面接に行く前に、自分が問われたら答えづらいと思う質問をリスト化しておき、答えを大まかに用意しておくといいですね。
答えづらい質問も乗り切って、内定を獲得しましょう!!