飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

「私って転職できるの?」転職する前にチェックしておくべき5つのポイント

はじめに


ひと昔と比べると、「新卒で入社した企業にそのまま骨をうずめ定年まで勤めあげる。」といった人はかなり減ってきてます。日本の名立たる大手企業も倒産や早期退職希望者を募り退職を促進したり、あるいはリストラを敢行したりと、終身雇用制度は崩れてきているのも現実です。
そういった背景に、転職に対する国民の考え方も大きく変化してきており、年々、転職者の数も増えてきています。そんな中、自分は転職できるのか?と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、今までに求職者様からご相談頂いたお悩みや転職活動を進める上でのアドバイスも絡めながら転職をする前にチェックすべき5つのポイントについてご説明致します。

転職するときに気をつけるポイント



1.転職理由が「転職活動をする上での軸」になる


まず転職する理由について、ポジティブなものということはほとんど有りません。現在の職場に何かしらの不満や不安があり、それがきっかけで活動が始まります。内容としては以下の通りになります。

  • 給与が低い

  • 労働時間が長い、休みがとれない

  • 教育・研修が行き届いていない

  • キャリアアップできない

  • パワハラやセクハラ、人間関係による理由

  • 起業したが廃業した

  • 部署を異動になった

  • 転勤を打診された

  • やりがいを感じられなくなった


「こんな理由で転職して良いの?」とご相談に来られる方もいらっしゃいますが、退職理由そのものに良いも悪いもありませんのでご安心ください。大切なのは、その理由が明確であることと、どのように改善したいかです。
給与が低い→「年収up」
キャリアアップできない→「成長中でポジションが増える環境へ」
転勤を打診された→「勤務地を相談できる企業」
など、転職理由がそのまま改善したい条件であり、【転職活動の軸】となります。
ただ注意が必要なのは、面接へ行った際に転職理由を本音でそのまま言うことはなるべく避ける方がいいです。どうしてもネガティブな表現となりがちで、面接官へ与える印象もマイナスになってしまうケースがほとんどだからです。
どんな転職理由も、言い方や表現の仕方次第で如何様にも前向きな表現にすることはできます。そのあたりも当社の経験豊富なコンサルタントがおり、面接でどのように話せば良いか等を熟知しております。

2.今までの経験をもとに転職後の仕事を考える


一般的に年齢を重ねれば重ねるほど、転職する難易度が上がっていく事は皆さんご理解されていると思います。以前に比べれば多少はこのあたりも緩和されてきている印象はあるものの、やはり若い方が転職に有利に働くことは事実です。
それでは、企業が年齢が高くても人材を採用したいと思うケースとはどういうものでしょうか?
答えは明確で、「即戦力」の採用に他なりません。
飲食業界の職務経歴で言えば、調理経験・接客経験・マネジメント経験、店舗開発や商品開発・人事・経理などの本部職での経験がある等です。ある程度の期間、自社が求めているポジションの経験を有しているような人材が求められます。
経験から申し上げると、本部職を希望して転職のご相談に来られる方は多くいらっしゃいますが、基本的には同様のご経験をされていないとスタートからご希望頂いている本部ポジション(稀有に本部職もある)で入社できないことがほとんどです。
少し話が逸れてしまいましたが、転職を考える際、自分がどういったポジションで働きたいかも重要ですが、ご自身のご年齢と今までのご経験で現実的に希望するポジションへ転職が可能なのか?といった点は考慮した上で進めていただくことをお勧め致します。

3.勤務地はどこが良いか


転職を考える時に、どの地域で就職するか?という点も結構重要だと考えられる。
おそらく、今住まれているご自宅から通える範囲での勤務を希望されている方がほとんどではないでしょうか?
当然と言えば当然ですが、人口が集中している主要都市であればあるほど求人の数は多く、選択肢も幅広いためより希望に近い求人に巡り会える可能性は高まりますので基本的には主要都市での就職をご提案させて頂くケースが多いです。
また、中には全国転勤を必須条件としている企業様もございますので、もし全国どこでもOK!ということであれば選択肢はかなり広がります。ご家庭の事情等でどうしてもご自宅近くで働かなければならない方もいらっしゃいます。
地方の求人はタイミングがとても重要ですので、少し早めに動き出しておいて、情報が来ることを待つということもぜひご検討ください。

4.必須の希望条件、妥協できる条件を整理する


面接を受ける企業、最終的に入社する企業を決定する上で、必須の希望条件と、そうでない妥協が可能な希望条件を整理しておくことは特に重要になってきます。「優先順位」を決める作業です。例をあげれば下記の通りになります。

  • 残業なし

  • 週休2日以上休める

  • 給与も他社に比べて高い

  • 福利厚生が充実している

  • 企業規模が大きく安定


当然ながら全ての条件が叶う求人があればそれに越したことはありませんが、希望条件を全て叶えて転職ができるケースはほんの一握りです。(もちろん、弊社も全てのご希望を叶えられるよう全力で求人をお探ししますが、なかなか難しいものです・・・)
そのため、成功と言える転職活動にするためには必須の条件と妥協ができる条件を整理して条件の優先順位を事前に決めておきましょう。

5.企業から内定を貰えたとしても、そもそも退職できるのか?


意外と多くのご相談を頂くのが、退職交渉に苦戦するというケースです。
次の会社でも頑張れよ!と背中を押してくれ、快く送り出してもらえることもあれば、人手不足の会社も多く引き留めに合うことも多々あるでしょう。必要としてくれているということの裏返しでもありますので、悪い気はしませんよね。
しかし現職に留まることを選んで、その結果後悔される方も非常に多くいらっしゃいます。何かしら転職したい理由があって行動を起こした訳ですから、もし残ったとしても転職活動を再開する方も多くいらっしゃいます。
場合によっては、弱みにつけ込んで脅しのような引き留め方をされることもあるのだとか。そんな会社は皆さんも願い下げかと思いますので、心置きなく退職できます。
なお、それぞれの会社によって就業規則で退職までの期間が定められているところも多く一般的には退職の意思を伝えてから1ヶ月という場合が多いです。
退職に関して民法で定められているものとしては、会社へ退職の申し入れをしてから2週間で辞められる事となっていますが原則は就業規則の規定が適用されますので、事前に確認が必要です。
極端に長い期間を定めている会社に勤めている場合などは、労働者の退職の自由が著しく制限され公序良俗の見地から無効とされる場合もありますので、退職までの期間が長いとお感じの方は労働局などで確認してみてください。
求人企業の人事からすると、早く入社してほしいと考えられているため、あまりに退職までの期間が長いと他に早く入社できる人材を求め退職期間を理由に不採用とすることもございます。せっかくお互い好印象を持ったとしても、不採用の理由としてなるので気をつけた方がいいでしょう。

さいごに


転職での5つのポイントを説明してきましたが、いかがでしょうか?色々不安な方もいらっしゃると思いますが、色々と飲食業界について調べてみてみるといいかと思います。この記事が少しでも力になれたら幸に思います。
弊社でも飲食業界出身のコンサルタントが多数在籍しておりますので、気軽にご相談ください。

→エフジョブへ転職相談をする