飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

夏みかんの旬

夏みかんの旬

夏みかんの旬は、4~5月です


ナツダイダイ(夏橙または夏代々)とも


前年になった実を、年を越して夏になっても収穫しないでおくと、今年は今年の実がなり、同じ木に、前年と今年の両方の実が付いた状態になります。その様子から、代々続くという意味でも「夏代々」と名付けられたそうです。

原産は日本


江戸時代に、山口県の青海島で、西本於長氏が海から流れ着いた柑橘の種を育てたのが最初だといわれています。今でも山口県萩市で多く栽培されています。

酸が抜けるまで食べられない


夏みかんは、他のミカン類と同様に晩秋には黄色く色付きますが、その時点では酸味が強すぎて食べられません。冬まで待って収穫し、貯蔵して酸を抜くか、春先から初夏まで木成りで完熟させます。酸が抜けて食べられるようになります。初夏の時期に食べられるミカンと言うことで、夏みかんと呼ばれるようになりました。

主な産地


主な産地は、愛媛県・和歌山県・静岡県などです。

夏みかんの主な栄養成分


ビタミンCとシネフィリン


ビタミンCを豊富に含んでおり、シネフィリンとともに風邪予防にも大きな効果があるといわれています。

クエン酸効果


クエン酸を含んでおり、体内の酸性物質を減少させる効果や、疲労回復と血をきれいにする働きがあるといわれています。

ペクチンの整腸作用


ジョウノウには、ペクチンが多く含まれていて、整腸作用があり、便秘やお腹を壊しているときに効果があるといわれています。

おいしい夏みかんの選び方


全体にムラなく濃い黄色に色付き、表面に傷や変色が無くてハリがあるもの、頭のヘタの部分が緑で茶色くなっていないもの、手に持った時にずっしりと重みを感じるものを選びましょう。

夏みかんの保存のポイント


冷暗所保存


保存は直射日光が当たらない涼しい所を選びましょう。

冷蔵保存


冷蔵庫は、乾燥して皮がしぼんでしまうので、入れるのであればしっかりと全体をラップで包んでください。

夏みかんの調理のポイント


皮をむく


皮もジョウノウも厚いのでむきにくいので、上と下をナイフで皮の部分をスライスするように切り落としてからむくといいでしょう。

蜂蜜と一緒に


蜂蜜をからめたり、蜂蜜漬けにしても美味しいです。

料理に


果肉がしっかりしているので、房をほぐしてサラダに使ったり、和え物に使ったりしても美味しいです。また、房のままタルトのトッピングにしても良いでしょう。

マーマレードに


皮と共に砂糖で煮てマーマレードを作っても美味しくできます。

皮でピールチョコ


皮をナイフで剥き、ワタの部分を薄くそいで厚みを揃え、沸騰した茹で茹でこぼしを何度かしてアクを抜き、シロップで煮詰め乾燥させた物をチョコレートでコーティングします。