飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

調理師免許を持っていなくともキッチンで働ける

キッチン
「夕食の買い出しにスーパーにでも寄って行こうかな・・・」と思うことはありますよね。しかし、夕飯の買い出しに惣菜を買っていこうと思ってふと疑問に思ったことはありませんか?スーパーの惣菜を作っているのはどう見ても「主婦」の方が多いように見受けられます。はて?こういったスーパーの惣菜を作る仕事に携わっている人は調理師免許を持ってるのでしょうか。答えは圧倒的に「NO」だと思います。

認識違いの人が多い


なぜなら調理師の免許を持っていなくては他人に出す料理を作ってはいけない、というわけでもないからです。実際に飲食店の開業には「食品衛生責任者」という資格があれば、調理師資格者がいなくても開業できます。 栄養士・調理師は、自動的に「食品衛生責任者」の資格を取得できますので、「飲食店の開業には調理師の資格が必要」という印象を持ってしまうのだと思います。もっとわかりやすく言ってしまうと、調理に関する仕事は、その資格がないとその仕事ができないという仕事ではないからです。
調理師免許を持たなくても調理に従事することはできるのです。飲食店では「食品衛生責任者」を置かなくてはいならないのですが、調理師であれば食品衛生責任者になれますが、調理師でないとなれないわけではないのです。食品衛生責任者ひとりいればあとは無資格でも問題ないといったところです。とはいえ、調理師の資格は持っていれば得になることはあっても損をすることはありませんので、これからも飲食店で働いていきたいと思ってらっしゃる方は是非取得にチャレンジしてみてください。

資格取得するには


調理師免許の資格取得には2パターンあります。

  • 調理師試験を受験し、合格する

  • 厚生労働大臣指定の調理師養成施設を卒業する


前者の場合は「2年以上の調理師としての経験が必要」となっています。実務経験については調理業務従事証明書が必要になります。
後者は、学校を卒業すると自動的に取得できるのですが、専門学校ですと費用と時間がかかるのが難点です。