飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

【転職・飲食】店長(候補)求人にエントリーする時の3つのポイント

飲食店長
エフジョブ然り、飲食業界はながれが早く、店長(候補)もどんどん求人案件がでてきます。そこで、今回はその店長(候補)案件にエントリーするときのポイントをご紹介いたします。

なりたい将来像をみて選ぶ


大切なことは「自分の将来像」だと考えております。働くのであれば将来の自分をイメージしましょう!そうすることでやりがいも出ますし、働くのも楽しくなります。
経験やスキルのハードルで最初は店長候補スタートかもしれません。支援をさせていただいた人の中には、入社半年後には店長になり、その後、本部職へ昇格された人もいらっしゃいます。
当然のことなのかもしれませんが、

  • ソムリエで頑張りたいのであればソムリエがいる店舗で知識を蓄える

  • SVになりたいのであれば、まずは店長をこなせるようマネージメントを学べる環境を選ぶ

  • 大好きな店舗のトップ(エリアリーダーや店長)になる


など、なりたい将来像によって、考えなくていけないことも変わってきます。

店舗の雰囲気を知る


飲食店は「コミュニケーションの場」です。店長職で転職したとしても、お客様とのコミュニケーション、キッチンとのコミュニケーションをとることは必要不可欠です。その雰囲気を知らぬまま現場についてしまうとイメージと違った場合、モチベーションが保てなくなる場合があり、最悪、再度、転職活動を行うという事態になってしまいます。
せっかくの転職ですので、しっかり自分の目で見ること、雰囲気を感じ取り働いている自分をイメージすることが大切です。

労務環境の希望を持つ


時代の流れとともに、労務環境も変わっていきます。飲食店は正直拘束時間が長いです。これは経験者であればご存じのとおりかもしれませんし、未経験の方でも覚えていてほしいことです。
これが「悪いとは言いません」。労務環境も変化するもので、成長している企業であれば、良くなっていくのが当たりまです。過去、現在をしり、将来的にご自身がどんな環境で働きたいのかをイメージしておくことも大切なのです。

最後に


求人情報だけではお伝えしきれないこともたくさんあります。
1人での転職活動でも成功することもありますが、転職コンサルタントを活用していただくことにより、

  • 最新の求人情報・企業情報を提供できる

  • 今後のトレンドをお伝えできる

  • ケースバイケースの実績をお伝えすることができる


が可能になります。
現場を知らなければ、戦略も立てることはできないでしょう。未経験でもチャレンジできる環境でありますので、ぜひ参考にしてください。