飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

3月8日は○○の日

こんにちは、担当のNです。
突然ですが・・・・本日3月8日は、何の日でしょう??
 
正解は「サバの日」らしいです。
本日はサバについて調べてみました!
 

サバの豆知識


サバはサバ科サバ属に分類される魚の総称。漢字で書くと「鯖」。
通年で採れるお魚ですが、特に9~11月頃が旬とされ「秋サバ」と呼ばれています。ちょうど産卵を終えた後で、冬に備えて沢山エサをがべているため、脂ののりが非常に良いそうです。
そんなサバは「青魚の王様」と言えるほど栄養価が高いお魚です!
 

サバの栄養価について


サバ独特の脂っぽさがあるかと思いますが、実はそれがサバの栄養価。特に含まれている成分が、DHAやEPAなど。青魚の中でも含有量はダントツで多いのが特徴です。下記の成分には様々な効果があります。
◎DHA(ドコサヘキサエン酸)
DHAは青魚に多く含まれている成分。脳内でも特に記憶や学習に関わる海馬に多く集まっている。
脳や神経組織の発育や機能の維持において重要な働きをすることが知られており、記憶力の低下を抑えたり、目によいとされている。
 
◎EPA(エイコサペンタエン酸)
血液中の血小板凝集を抑制して血中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、体内の血液のめぐりをスムーズにする。
また、さばの血合い肉には多くの栄養素が集中しており、鉄分やビタミン群、タウリンが多く含まれ、貧血、皮膚炎、胃腸疾患などの予防、老化の抑制などの効果が期待できる。
 
★DHAとEPAは不飽和脂肪酸と呼ばれ、人間の体内では作ることが出来ない成分なので積極的に摂取したい成分です。
 
そのため、こんな方にオススメです。

  • 血流を改善したい方

  • 脳の健康を維持したい方

  • 生活習慣病の予防をしたい方


大事な効果ですね!若いうちは…と思いつつも大事なので私も積極的に摂取したいと思いました笑
 

まとめ


いかがでしたか?サバだけではなく青魚には含まれている栄養分です。
料理をしないとなかなか食べない食材だと思いますが、たまには買って栄養分を摂取したいですね!
 
(参考)
http://www.j-medical.net/food/f-saba.html
http://st.sanshi.co.jp/linkurl/cooking/saba/mamechisiki_saba.html
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/entry_751/