飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

秋の味覚第一弾さんまのお祭り「目黒のさんま祭り」とは!?

秋の気配が徐々にしてまいりました!Kです!
 
秋の味覚に合わせたいろんなイベントも開催されております。
 
「目黒のさんま」祭りもその一つ。
「さんまの良さ」と「目黒の良さ」を知ってもらうため平成8年からやっているお祭りで
今年で20年(!)になります。
 
さんまを生と炭火焼で無料配布して毎年、20000人以上のお客さんでにぎわっています。
 
なぜ「目黒」で「さんま」なのかというと、
古典落語の「目黒のさんま」という演目から引っ張ってきています。
ここまではご存知の方も多いと思いますが、どんな話なのかご存知の方は少ないのでは?
 
以下「目黒のさんま」あらすじです。
 
もの知らずのお殿様が馬の早駆けに目黒へ行った時のこと、
空腹となり百姓家で焼きたてのサンマをわけてもらった。
初めて食べる下々の魚、サンマの味に感動!
屋敷に戻ったが脂が乗ったサンマの味が忘れられない。
しかし、屋敷の御膳にサンマが出る訳もなし。そこで親戚へ
食事のお呼ばれをしたので、ここぞとばかりにサンマを注文。
しかし、親戚の家来たちが体を気遣いサンマの脂を蒸して
抜いてしまった。ひと口食べたがおいしくも何ともない。
「このサンマはいずこから?」
「日本橋魚河岸にてございます」
「いかん。サンマは目黒に限る!」
 
 
こちら目黒が内陸にあり、海とは縁遠いことを知らないお殿様を滑稽に描いた作品です。
 
成立は1650年ごろだとされていますが、ラジオ落語全盛時代の1960年ごろに三遊亭金馬師匠により全国に広められます。
そして今目黒の青年部の呼びかけにより、新しい形で20年の歴史を刻んでいます。
 
私のお勧めは金原亭馬生師匠の口演ですが、人により演じ方、好みも変わるので、
ご自分なりの「目黒のさんま」の味わいを探してくださいませ!