飲食業界専門の転職支援サービス

飲食業界専門の転職支援サービス

面接でよくある質問!どう答えれば!?

皆様こんにちは!コンサルタントのKです。
私も転職を経験して現在転職をご希望される方のご支援をさせていただいております。
 
内定を勝ち取るために避けては通れない面接。
企業、ポジションによって聞かれることも様々です。
 
様々ですがほとんどの企業様がされる質問もございます。
それが下記の質問事項です。
 

  • これまでの退職理由

  • 志望動機

  • 自己PR

  • 当社に入って何がしたいか


 
上記は多くの企業様が質問してくる事柄かと思います。
 
ではどのように答えればよいのか?
 
ひとつずつ見ていきましょう!
 

  • これまでの退職理由


こちらネガティブな内容にならないようにお気を付けください。
かといって面接用にでっち上げの嘘をつく必要もないかと思います。
 
例えば…
【ネガティブ】
昇進もないし、お給料が全然上がらなかったので…
【ポジティブ】
より責任のあるポジションを目指せる環境で、それに伴う給与アップをモチベーションにしていきたく
 
ポイントとしては、前職の悪口にせず、今後の希望を自身の努力で実現していくというスタンスに置き換えることが良いかと思います。
 

  • 志望動機


通り一遍のテンプレート表現は避けましょう。
オリジナリティが大事です。
 
例えば…
【テンプレート】
御社の企業理念に共感しまして…
【オリジナリティ】
御社の食の多様性を追求する試みが、私の、幅広い人を幸せにしたいといいう欲求にマッチしまして…
 
ポイントとしましては、企業をホームページなどで研究し、ご自身の希望と重ね合わせてお伝えすることで、あなただけのオリジナリティがでるかと思います。
 
よく調べることで、この人は私(企業)に興味を持ってくれている!と感じさせることができます。
 

  • 自己PR


嘘をついてはいけません。
ですが謙遜する必要もありません。
客観的にみて、これが自分の強みだと思えば自信をもって言い切りましょう。
 
強みだけでなく弱点を聞かれることもあります。
こちらは、自分自身の強みがたまに弱点になる、ぐらいの伝え方が良いかと思います。
【例】
私の強みは行動力があることです。弱点としては行動力があるあまり、たまに考えずに飛び込んでしまうことがあります。最近は上司などに相談するようにしております。
 
弱点の改善策伝えられるとベストです。
 

  • 当社にはいって何がしたいか


あなたが入社することで、どのようなメリットがあるかを企業に感じさせられることが肝心です。
独りよがりな理由にならないようにお気を付けください。
 
 
いかがでしょうか?
 
よく「お見合い」と称される企業との面接、こうしてみると準備をしっかりしておくことが重要かと思います。
 
とはいえ一人では煮詰まってしまうことも多いです。
そんな時こそ数多くのご支援をしてきて、また企業情報も多い我々コンサルタントの出番かと思います。
 
面接でのお悩みにもご対応していければと思っておりますので、お気軽にご相談ください!