【銀座】こだわりワインが楽しめる隠れ家イタリアン『GINZA TAPPO』のまかない飯

第14回を迎える今回は銀座で10年目を迎える『GINZA TAPPO』さんにお邪魔させて頂きました!
カウンター4席、テーブル7席のこじんまりしたお店ですが、本場イタリアンワインに囲まれた、どこか暖かい隠れ家的なお店です。
シェフの大野さん(42才、東京生まれ)も飾らない素敵なお人柄。
そんな大野さんがご用意してくれた今回のまかない飯とは!?

 

まかないご飯 FILE 014

ボラの白子と長ネギのスパゲティ

提供店舗:ギンザ タッポ

   

ボラの白子…タラの白子はよく耳にしますが、ボラは初めて食べました!
濃厚でとっても美味!
シンプルながらもボラの良さ活きていてフォークが止まらない…。
ワインが思わず飲みたくなります!!(笑)

 

柴田

大野さんは独立される前はどんなことをされていたのですか?

大野シェフ

大学の時にアルバイトしていたイタリアンレストランで飲食にのめりこんで、今までずっと飲食やってますね。いろんな店に行きましたが、この店を開業したのは33才の時でした。

 

柴田

早いですね!独立を考えたきっかけってなんですか?

大野シェフ

やっぱり独立してやらないと思い通りにならない(笑)自分が出来ないときに、上司が悪いから、とか言い訳を作ったり、他責にして話をすり替えたり、逃げているみたいで嫌だったんですよね。自分の店であればどんな結果からも逃げられないですから。

 

柴田

そういった考え方もあるのですね。こちらのお店はどんなお店にしたいと思って始まったのですか?

大野シェフ

自分が元々ワインを好きだったので、イタリアンワインをメインにしたお店にしました。お店に仕入れるワインは全て自分で確かめ、選んで仕入れています。
  自分の店ってみんなに好かれるものでなくて良いと思うんですよね。自分のやりたいことがあるから独立するのだと思うので。そんな中で自分のやりたいことに共感してくれるお客さんが来てくれて、「おいしい」って言ってくれて、リピートしてくれると、やっぱりうれしいですね。

 

最後に飲食で頑張る方々に向けたメッセージも頂きました!
「職場で関わる周りの人達と良い関係を築くことを大切に」
少なくとも悪く思われないように。
やっぱり業界は狭いし、今までできた繋がりでお客さんを紹介してもらったり、いろいろ助けてもらったりする。
その会社を辞めることになったとしても良い人間関係を構築しておくことは自分にとっていつかプラスになります、とのことでした。
今日も美味しいまかないありがとうございます!ご馳走様でした!!

 

 

店舗詳細
店名 GINZA TAPPO
ウェブサイト https://ginzatappo.jimdo.com
ジャンル イタリアン
オススメのアクセス方法 銀座駅より徒歩5分
飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録