【スムーズな転職活動のために。】水面下で準備するべき3つこと

転職活動
もはや終身雇用制度が崩壊した今、今所属している会社へキャリアを積んでいくのか、独立して店舗を持つのか考えるというのも当たり前になってきた世の中かもしれません。早期退職者を求める企業もありますので、企業への依存度もそれほどに高くないというのが実情です。そういったわけで在職中に転職活動をされる方が多いようです。

しかし、退社してからの転職活動するのではではキャリアに傷がついてしまいます。離職期間が長ければ長いほど不利になるのが現実です。

ご自身の将来像を明確にしておく

みなさんはなぜ転職s活動をしているのでしょうか?
人事面接で必ずといっていいほど、質問されるのが、「なぜ、弊社で働きたいのか」です。
過去のネガティブ要素り、採用した後の企業への貢献度を求められることが多いのです。

将来「自分は料理長になりたい」「一流の店舗を作り上げたい、一流の店舗に従事したい」「将来は独立を考えている」など、明確化をしておくことが必要です。それを説明することができなければ採用フィールドにあがることは少々難しいと思います。

事前の情報収集

「事前に情報収集を入念に行うこと」が挙げられます。飲食業界は非常に浮き沈みの激しい業界です。また、肉体的にもきついことが多いので、転職した後に「こんなはずじゃなかった・・・」とならないように、事前に入念な情報収集を行うことが重要です。

深夜勤務のお店、ランチ営業のため朝が非常に速い、店舗異動が多くスキルを学ぶ機会が多い、メリットやデメリットもあるでしょう。

当たり前ですが、体力をつける

「体力をつけておく」ということも大切です。ホール、キッチンともに立ち仕事です。飲食業界の仕事は総じて肉体的に大変なことも多いです。ですから、トレーニングジムに通ったり、自己トレーニングなどをして体力をつけることをお勧めします。

その他、最後に

まずは転職活動とはうまくいくかどうか分からないという、「先の見えないマラソン」に似ています。会社を辞めてしまえば時間には余裕が出来るかも知れませんが、今度は収入がなくなってしまいます。それが原因で在職中に水面下で転職活動をされる方が多いのでしょう。その中でも特に転職先として人気のあるのが飲食業界だと言われています。飲食業界の特徴は、本人の意欲や取り組む姿勢により、今後のその方個人の成長が左右される業界だからです。

もちろん個人で転職活動を行うことも十分可能ですが、時間を効率的に活用するために、コンサルタントを活用していきましょう。直接の面談でなくとも、電話面談もかのうですので、 遠方で悩まれている方も相談可能です!

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録