【地方から首都圏への転職】この3つに気をつけるべし!

地方
地方在住の方でも都会に憧れる方は多いでしょう。地方と言うのは、静かで緑も豊かで、住んで生活される分にはいい場所だと思うのですが、やはり都会への憧れを抱く方も少なくないようです。この傾向は特に若い人に強く見られます。年配の方なら住環境のいい田舎暮らしは快適に感じるかもしれませんが、若いうちは田舎での生活に満足できないものです。遊ぶところも少ないですし、友人も限られてくるからでしょう。また、経済的な事情から比較的給与の高い首都圏への転職を考える方もいらっしゃるでしょう。

「地方から首都圏への転職で気をつけるべき三つのポイント」を挙げてみました。

家賃が高い

特に東京都を例にとると
家賃
参考:http://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/price/
※2014年11月現在。詳細は本サイトでご確認ください。

首都圏、特に東京都は快適な生活をおくれるお店が多数あつまっており、人気ですので、需要と共有のバランスで高いエリアが多数あります。ちょっと時間をかけて、埼玉県や千葉県も居住地として候補に入れると生活経費を抑えることが可能になります。もしくは、社宅や住宅補助のある求人に応募するのも一つの手です。

職場はしっかり検討する

これは、飲食店とはいえ、同業種でも賃金に大きな差がありますし、また、せっかく地方から都会に出てきたのですから、将来的にもずっと首都圏で生活していきたいと思ってらっしゃる方も多いでしょう。そのためにも、地方から首都圏への飲食店への転職は、事前に十分に情報を仕入れておきましょう。

飲食店とはいえ、一企業でありますから、給与に差が発生しますし、福利厚生等も異なります。また、業界の成長スピードも非常に速いです。将来的にもずっと首都圏で、人気店で働きたい、生活していきたいと思ってらっしゃる方も多いでしょう。勢いのみで店舗(職場)を選んでしまうと先々のキャリアプランまで響く可能性があるので、しっかり情報を仕入れることをお勧めします。

関係性が希薄な面もある

地方で他人と接する仕事である飲食店に従事されてきた方ならよくお分かりかと思います。地域密着型の個人オーナー店での求人は数少ないです。来店される方も、不特定多数であり、固定客をつけるのは非常に大変です。

従業員も店舗によっては、入れ替わりが激しいところもありますので、人間関係を構築するのが大変な時もあります。未経験であれば先輩に教えてもらうこともしばしばありますが、数か月でいなくなってしまうなんてことも・・・

さいごに

地方と首都圏での違いで一番の違いといえば「収入」と「支出」です。この辺りをクリアするには、1人での転職活動は非常に時間がかかってしまいますので、転職コンサルタントに相談していただけますと、「寮付き」「住宅手当付き」などの福利厚生が整った求人情報を紹介してもらえますので、活用していきましょう!

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録