転職活動で起こる保険の手続き

会社の退職に伴い、ふと疑問にあがるのが保険の手続き問題。

「国民健康保険って何?」
「次の会社への入社まで保険はどうなるんだろう?」

今回は退職から次の会社への入社までの流れに沿って、必要な保険の手続きをご紹介いたします。

まず、退職後の健康保険の加入方法として下記3つが挙げられます。

  • 会社の任意継続被保険者となる
  • 国民健康保険に加入する
  • 家族の扶養となり、家族の健康保険の被扶養者となる

順を追ってご紹介いたします。

 

1.会社の任意継続被保険者となる場合

 
【会社の任意継続保険とは】

退職後も勤務先の社会保険に継続して加入し続けることを指します。社会保険と国民健康保険では扶養家族の扱い方が違うため、保険料が大きく変わる可能性があります。自分にはどちらが良いのか、しっかり検討しましょう。

また、下記の場合は任意継続の資格を失うため、注意が必要です。

  • 被保険者の死亡
  • 資格取得から2年が経過
  • 保険料の滞納
  • 就職等で別の健康保険へ加入

任意継続は最大2年間の期限がございますので、喪失後は他の方法にて保険に入ることになります。また、手続きの期限もあり退職の翌日から20日を超えてしまうと手続きが出来ませんので、任意継続の手続きは早めに行いましょう。

資格喪失日までに健康保険の被保険者期間が継続して2ヶ月以上あることも任意継続を行う必須条件となります。

 
【退職から加入の流れ】

  1. 退社日もしくは翌日には保険証を会社に返却する(郵送の場合は書留で送付)
  2. 退職の翌日から20日以内に手続きする
  3. 下記持ち物を準備し、全国健康保険協会の各都道府県支部に提出する

・任意継続被保険者資格取得申出書
・住民票
・1~2か月分の保険料
・印鑑
・扶養者がいる場合は、証明できる書類

 
【料金について】

保険料は退職前の約2倍の料金になります。(退職前の標準報酬月額を元に計算)ただし、報酬月額は28万円が上限となりますので、その場合は28万円を標準報酬月額として計算した保険料となります。

在職中は事業所とご本人で保険料を半分ずつ負担することになっていましたが、退職後(資格喪失後)はご本人が全額負担となります。また、保険料は原則2年間変わりません。

しかし、任意継続には“扶養”の考えがあるため、条件さえ満たせば扶養家族として保険証を追加することが出来、追加の保険証はかかりません。そのため、扶養家族が多い方であれば、任意継続を選択するほうが保険料を抑えることが可能です。

 

2.国民健康保険に加入する場合

 
【国民健康保険とは】

加入者が病気やケガ、出産、死亡した場合に必要な医療費が保険料から支払われる制度です。各市町村が運営しており、手続きもすべての市町村役場で行われます。
(保険料の「計算方法も住む場所によって異なります)

国内に住所がある方は年齢や国籍(1年以上在留する場合)に関係なく必ず何かしらの健康保険に加入しなければいけないものです。下記のどちらにも当てはまらない方は国民健康保険に加入することになります。

  • 勤務先で健康保険に加入している方とその扶養家族
  • 船員保険に加入している方とその扶養家族
  • 国民健康保険組合に加入している方とその世帯家族
  • 75歳以上の方(後期高齢者医療制度の対象者)
  • 生活保護を受けている方

短時間労働の場合や、従業員を雇っていない個人事業主(自営業者)の方で当てはまらない場合は加入が必要となります。

手続きをしない場合、いざという時に手元に保険証がない状況になったり、自治体によっては遅延金の請求が発生したりする場合があるため、注意しましょう。

【退職から加入の流れ】

  1. 退社日もしくは翌日には保険証を会社に返却する(郵送の場合は書留で送付)
  2. 退職の翌日から14日以内で手続きをする
  3. 下記持ち物を準備し、各市町村役場に手続きを行う

・健康保険の資格喪失証明書(健康保険被保険者資格喪失証明書、退職証明書、離職票)
・各市町村で定められた届出書
・印鑑

【料金について】

保険料は各市町村役場によって異なり、窓口で確認が出来ます。“扶養”の概念がなく、所得と人数に比例して高額になる仕組みです。

退職理由が会社都合であれば、国民健康保険の軽減・減免が適用される可能性があり、保険料を大幅に抑えることが出来ます。
 

3.家族の扶養となり、家族の健康保険の被扶養者となる場合

 
家族の健康保険の被扶養者となれば、保険料の支払いの必要がなくなります。しかし、被扶養者となるには下記全ての条件を満たした方のみが対象です。

  • “将来的な年収”が130万円未満
  • 家族に養われる60歳未満
  • 同居の場合、年収が被保険者のそれの半分未満
  • 別居の場合、年収が被保険者からの仕送り額より小さい
  • 失業手当をもらっていない

また、各健康保険の組合毎に規約があるため、ご確認が必要です。被扶養者になる場合は、被保険者の職場を通じて手続きをお願いする流れとなります。(退職日か翌日には保険証を会社に返却しましょう)
 

 
 

転職先が決まった後は…

 
社会保険の加入手続きが必要となります。会社から渡された被扶養者届に必要事項を記入し、年金手帳を添付して会社に提出をすれば、会社側で手続きを行って頂けます。

任意継続を活用されていた場合、「任意継続被保険者資格喪失申出書」をご記入の上、新たに取得した保険証等を添付して協会けんぽ支部への提出必要です。

国民健康保険に加入している場合、脱退の手続きが必要です。
下記3点を準備し、各市町村の役場で手続きを行います。

  • 加入した社会保険の保険証(扶養家族分も含む)または社会保険の資格取得証明書
  • 国民健康保険の保険証(切り替えた方全員分)
  • 本人確認が可能なもの

家族に健康保険の被扶養者だった場合、「任意継続被保険者被扶養者(異動)届」をご記入の上、保険証等を添付して協会けんぽ支部へご提出ください。

会社で手続きされた社会保険の保険証は手元に届くまで約2週間かかります。手続きを行ったその日に資格取得証明書を発行して頂ける場合もあるため、必要があれば確認しましょう。

保険料の納付ですが、社会保険、国民健康保険とも毎月末日の加入保険で請求書を発行するため、年末年始に転職される場合はどちらの保険料で計算されるのか、ご確認下さい。納付期限は各市町村の役場でご確認頂けます。
 
 
ご不安がつきものの転職活動ですが、知っているか知らないかで安心度は変わります。
より詳細をご確認される場合は、下記URLをご覧下さいませ。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/
 
 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録