転職するのにベストなタイミングは?飲食業界の転職事情。

 

転職活動のベストなタイミングは人それぞれ。
ただそのタイミングを間違えてしまうと、後悔が残る転職になってしまうことがあります。

転職を考えてみたときに「まずは行動!」とすぐに動き出す方もいらっしゃれば、「時機をみよう」と転職を頭の片隅において待つ方もいらっしゃいます。

走り出しでタイミングを見誤らないためにはどんなことに気を付ければいいのか。事例を元に考えてみます。

 

 

転職のスタートを間違えた失敗例

 

転職活動を早く始めすぎたために、貰えるはずの賞与がもらえなくなってしまった

転職活動を早く始めすぎたために、評価前に転職を決めてしまい、あと2週間で貰えるはずの賞与がもらうことが出来なかった、というお話を聞いたことがあります。
お金が全てではございませんが、少なからず後悔が残ることかと存じます。

「今辞めるべきなのか」
「今しかないのであれば、転職を最優先で動くことに納得感があるか」
「入社のタイミングを調整することは可能か」

1つ1つ丁寧に確認することを意識してタイミングを図りましょう。
転職エージェントに相談することで、選考スピードから調整することも出来るので、一つの手です。
 

活動前に十分に上司と話していなかったために、チャンスを逃してしまった

特に「キャリアアップをしたい」「より成長性を感じる会社に行きたい」というお気持ちで転職を始めた方に多い事例です。

何度も求人を検討し、ご面接にも足を運び、やっと入社を決意したのち、上司といざ退職交渉に入ると、思いがけない話をされる場合がございます。

「近日中に上場が決まっていた」
「次の評価で昇格が決まっていた」

ここで転職を止める方も少なくないですが、内定先の企業にも迷惑がかかることですので、あまりお勧めはできません。

上司との信頼関係をしっかり築いておく、十分に上司と話をしておく、ということで避けられる可能性がある事例です。日頃よりコミュニケーションが足りていないと感じていらっしゃいましたら、この機会に意識してみましょう。
 
先に退職を済ませたら中々決まらず、離職期間が長くなってしまった

人手不足のイメージのある飲食業界だからか、先に退職してから少しゆっくりして転職活動を始めても問題ないと考える方も少なくないのではないでしょうか。

実際に聞いてみると、思ったよりも転職活動が上手くいかず、むやみに離職期間が延びてしまった、というお話をよく聞きます。実際に外に出ないと自分の市場価値は分かりません。

「業界が人手不足だから誰でも合格するだろう」
「自分の経験だったら問題ないだろう」
このままの気持ちで退職を決めるのは危険です。

更にサービス業界は人柄や雰囲気や、人そのものでの相性も重要視されています。経験がいくら良くても、その肌感覚の部分が合わなければ採用しない、という企業も多いのです。

こればっかりは実際にお会いしてみないと分かりません。
他業界よりも人と合うかを重要視する業界だからこそ、そんな企業に出会えるまで時間がかかってしまうのです。

 

 

成功する人の転職活動の始め方

 

賞与までもらったタイミングで本格的な活動をスタート

賞与が支給された後に本格的に転職活動を始められる方は多いです。スタートする方を多い分、募集枠が限られた求人に対してはライバルが比較的多くなることがありますが、やはり機が熟すまで待っただけ覚悟をもって転職活動に取り組まれている方が多いです。

そんな覚悟の強さも転職を成功する理由かもしれません。
 
上司と十分に話し、区切りをつけて転職活動をスタート

転職をすることが必ずしも正しい選択とは限りません。
現状を打破するために十分に動いてから転職活動を始める方はやはり強いです。
上司と何度も話した結果、転職を決意した、と聞くと、その人の人柄も伝わります。

時には業績悪化や、出店計画のない企業で働く20代の方は、今後のキャリアを心配した上司からの後押しを受けることもあるようです。
 
事前に転職する意向を伝え、在籍しながら転職活動をスタート

会社に事前に転職を考えていると伝えて転職活動を始める方もいらっしゃいます。引継ぎ業務も徐々に併行しながら行え、スムーズに面接を調整できている方がいらっしゃいました。

中には予定よりも早く退職日を設定されてしまい、離職期間が出来てしまったというケールもあるとのことでしたので、会社の雰囲気や事例を踏まえてお伝えすることをお勧めいたします。
 
一から頑張る覚悟を持ち、退職を済ませて転職活動をスタート

一から頑張る覚悟、とは条件に強い希望を持たず、自分のやりたいこと、やりたい環境で頑張りたいと決めること、を意味しています。飲食企業にとってやはり「ここで〇〇がしたい!」といえる方は魅力です。

また、条件にこだわりを持っていないために選択肢も広く、先方としても覚悟を感じます。
生活やご家族がいらっしゃる方も多いので一概には言えませんが、条件以上に大切にされていることがあれば、先に退職を済ませた場合でも成功する可能性があります。

そしてやはり自由な時間が増えることも大きいです。その分企業の予定に十分に合わせることも出来、多くの企業にお会いすることも出来ます。やりたいことの軸がぶれるとむやみに離職期間が延びることになり兼ねませんので、注意が必要です。
 
入社の時期を相談しながら転職活動をスタート

あらかじめ「内定後から〇ヶ月後の入社になる」とお伝えして面接に臨む場合です。40代の方ですと、こちらの方法が最も多いです。やはりそれなりの役職もありますし、ご家族がいらっしゃる方も多いので、引継ぎ期間や離職期間が短くなるように動きたいという希望があります。

企業も2~3ヶ月であれば待って頂けることがほとんどですが、オープニング募集ですとタイミングが難しいかもしれません。また、6か月後ではさすがに現場の状況も変わってしまうため、中々進められない企業も多いです。

とはいえ、両者納得の出来るご転職に繋がりやすい方法ですので、退職に時間がかかりそうな方に関しては、こちらの方法がお勧めです。
 

まとめ

 

転職をする覚悟を持つこと。

タイミングを図るにはこの気持ちが大切だと思います。
「なぜ自分は転職をしたいのか」
「転職をして何がしたいのか、ここでは出来ないことなのか」

この覚悟を持ったうえで、会社の状況や周囲との関係性をよくみてタイミングは考えましょう。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録