30代で未経験から飲食へ転職!成功の秘訣とは?

「年齢重ねてきてしまったけど、未経験からって挑戦できるのかな?」

転職活動においての悩みの1つとして挙げられますね。広告だと「未経験大歓迎!」と書かれているけど、いざ応募してみると書類でお見送り。離職中だから焦って応募した企業で入社するものの、「本当はこんなのはずではなかった」となってしまうのが現状です。

「未経験」というのは聞こえが悪く聞こえるかもしれませんが、言い方を変えれば「新しいことにチャレンジしている証拠」ですよね。そのような考えを持っている転職を希望している方へ新しい一歩を踏み出せるよう、押さえておくポイントや事例を紹介します。

飲食業界の転職事情

飲食業界の転職市場において、コンサルタントとしてよくご相談を受ける内容として、

  • 経験少ないのですが30代でも大丈夫ですか?
  • 40代でも転職できますか?
  • 50代でも転職できますか?

等いただくことがあります。

弊社でも未経験の方また50代の方でもご支援の実績がございます。
業界的に30代、40代の方がご活躍されておりますので、弊社でもお話しさせていただく方は下記のような方が多いです。

図を見ていただくと明確なのですが、約70%が30代以上で、約40%の方が40代以上の方です。
なので、冒頭のような不安を持つことはありませんのでご安心ください。

現在の飲食業界では、昔のチェーン店のように「あそこに行けばなんでも安く食べれる」という時代は終わったと言われております。「〇〇を食べに行きたいからあそこに行こう」と消費者は食べたいものベースでお店選びをするようになりました。

いかに特化した業態・お店を出店しお客様に認められるか。
各社アンテナを張り巡らせているからこそ、今の時代での挑戦はチャンスがあリます。

未経験からの挑戦で起こるメリット・デメリット

【メリット】

  • キャリアアップのチャンスが大きい

・店舗を構えない事業会社(営業会社等):人が増えてくる ⇒新しい支社を作る
・店舗を構える事業会社(飲食店等)  :新しい店舗を作る⇒人が必要になる

故に出店ベースになるので会社に資金力があれば、営業会社で言う事業部長のようなポジションも
数年で目指すことも可能性があります。

  • 早い段階でスキルを習得しやすい

・オペレーションが簡略化された飲食店
・高スキルが必要な飲食店

⇒上記二極化に分かれることが多いのですが、前者であれば比較的覚えやすく数か月もすれば形になることも多いのではないでしょうか。

  • 将来的に独立することもできるため、収入アップの幅は大きい

・オリジナルブランドを作って自分の色を出すことができる
・既に世で売れているブランド(FC店舗)で安定的な収益を得ることができる

⇒飲食店で独立に関してはいろいろな方法がありますし、年収1000万円以上も夢ではないですね!
 
【デメリット】

  • 飲食業界でのスキルを他に生かしにくい

サービス業界は「アウトバウンド型の接客」と「インバウンド型の接客」があります。

アパレルような販売業は自分自身からお客様を獲得しようとするような仕事は「アウトバウンド型の接客」として分類されます。一方で飲食店となってくると、基本待っているとお客様が来店され、お客様が注文されるケースが多く、このような形は「インバウンド型の接客」となります。

そのため、ゆくゆく営業のような「アウトバウンド」のお仕事への挑戦を考えられていらっしゃるようでしたら、苦労を強いられるかもしれませんが、逆に「インバウンド型の接客」の仕事に関してはプロフェッショナルになりますね!

  • 努力が必要

飲食業界は中卒や高卒でたたき上げでご活躍されている方が多く、仮に30歳で飲食業界へ挑戦するとなるとそこで10年以上のキャリアの開きがあります。そのため、そのキャリアを限りなく埋めるとなると、努力が必要になるかと思います。それは他業界の挑戦というくくりで言えばどこも同じです。

飲食の場合はオペレーションが簡略化されていたりと、ある程度の一連の業務を覚えるのにそこまで時間は必要になりませんのでメリットでお伝えしたようなチャンスが大きいですね!

実際にご支援実績のある未経験から飲食へ挑戦された方

  • 45歳 M.Yさん(男性)年収:400万円~500万円

学校をご卒業されてから約15年近く経理の仕事をされ、40歳を手前にして飲食への門を叩かれた方です。

数値、データ等お好きとのことで学生のころから経理の仕事を強く志望され、寝る間も惜しんで勉強し経理の仕事に就かれたものの、いざ入社してみると「何か違う・・・」。もともと体が動かすのが好きな方でしたので、オフィスワークメインの経理の仕事がご自身と合わなかったのです。

学生の頃は接客業をされていたり、人と話すことがお好きという点、
後は「接客が好きなんです!」という強いお気持ちをいただき、飲食店の企業様をご紹介いたしました。

スキルが少ない中での挑戦に対する不安を持っていたのですが、学生の頃から勉強熱心な方であり、
「やるからには絶対一番になりたいです!」と負けず嫌いなお気持ちもある方でしたので、
二人三脚で転職活動を進め、今現在も店長として笑顔で接客をされてらっしゃいます!

未経験から飲食のキャリアへのワンポイントアドバイス!


未経験から挑戦する方は、とくにかく「接客が好き」や「将来お店を持ってみたい」等、
チャレンジ精神やホスピタリティー精神が豊富な方が多い印象にあります。
そのような方は比較的に採用担当者の心を動かすことも多く、採用に至ることが多く見られます。

30代から未経験というのはハードルが高いかもしれませんが、「飲食業=人と人が食を通じて笑顔になっていただける空間を提供する仕事」と働く意識がある方は挑戦して見てはいかがでしょうか?

もし、少しでも「挑戦してみたい」や「まだ不安があるけど、ちょっとお話を聞いてみても」というお気持ちがある方は前へ踏み出してみてください。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録