面接で緊張する人のための対処法


面接になると緊張してうまくいかない・・・と、緊張ゆえ失敗してしまう方もいるはず。
そもそもなんで緊張してしまうのでしょうか。

人それぞれ緊張する要因は異なると思いますが、

・・・・面接という独特な雰囲気にのまれてしまう

・・・・自分をよく見せよう、失敗したくないというプレッシャー

・・・・初対面(なおかつ歳上)の面接官に委縮してしまう

などが挙げられるでしょう。
緊張すると本来の自分が出せなくなり、失敗してしまうこともありますよね。
面接官も就活生の「素」を見たいので、緊張を軽減させることが面接通過のポイントです。

では、面接で緊張しないようにするためにはどうしたらよいのか。
いくつかご紹介します!!

実践してみよう!!

・面接は「緊張することが当たり前」であると自分に言い聞かせる
面接で緊張することは「当たり前」であると自分に思い込ませることで、心身が和らぎます。緊張することは仕方がないと思い、面接に挑むことで、いつの間にか緊張しているとは忘れているはずです。

・ありのままの自分を見せる
自分をよく見せよう、印象に残るようにアピールしなきゃ!と着飾ろうとすることで、プレッシャーが生まれ緊張に繋がります。自分を美化して売り込むのではなく、長所も短所もありのままの自分を見せようとさらけだしましょう。素の自分を見せることで、普段と変わらない気持ちで面接に取り組めます。

・面接官に「緊張している」ことを告白する
最近の面接では、面接官側から「今、緊張していますか?」と尋ねてくることがあります。その時は、素直に緊張していることを伝えましょう。緊張していることを話すことで少し肩の荷がほぐれます。また、面接官によっては、緊張していると伝えることで、就活生の緊張をほぐそうと世間話や趣味や特技など聞いてくれることがありますよ。

・面接官に親近感を持つ
面接官に委縮して緊張してしまう方もいると思います。それは、面接官が初対面であるからではないでしょうか。そうであれば、初対面と思わないようにしましょう。いきなり初対面でないと思うのは難しいという方は、面接官を観察して、「髪型素敵だな」「笑顔が良いな」「真剣に話を聞いてくれているな」とプラスの印象を持つことで親近感をもちましょう。親近感を感じれば、面接官が近い存在に感じ、ガチガチに緊張することもなくなるでしょう。

・面接練習をし慣れておく
毎回面接に行くたびに雰囲気にのまれ、緊張してしまう場合は、面接練習をしましょう。面接という場に慣れるには慣れることが一番です。大学のキャリアセンターを活用したり、OBOGの方に頼んで模擬面接をしておくといいでしょう。

緊張をほぐして、面接を通過しよう!

いかがでしたか?
今回ご紹介した以外にも緊張をほぐす方法をネットで探してみると・・・

・笑顔を心掛ける

・背筋を伸ばして堂々とする

・深呼吸をして、リラックスする

・手のひらに「人」を書く

・面接官をじゃがいもだと思う

などがありました。試しに実践してみるのもいいですね。

面接に緊張は付きものです。
自分に合った緊張をほぐす方法を見つけ、素の状態で面接に挑んでいきましょう!

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録