白米にあるものを足すとさらに美味しく…!

 

こんにちは!エージェントの柴田です。
突然ですが、白米って美味しいですよね!(笑)
糖質制限で敬遠されがちな白米ですが、やはり私の生活には欠かせないな、と思います。
飲食店でもご飯が美味しいと「ここ美味しいな!」ってなります。
なので、今日は「ご飯」に焦点をあて、ご飯を炊く際にあるものを足すと美味しくなると噂の調味料をご紹介します!
古米を美味しく食べることにも活用できます。

 

みりん

これはご存知の方も多いのではないでしょうか!
私もよくみりんは使っています。
風味が増して、ふっくら炊き上がるとか。
みりんの中にある糖分が米の表面に膜をはり、艶やかに見せてくれます。
分量は米2合に対して小さじ1杯が目安です。

 

日本酒

ご飯の甘みが増して、ふっくら炊けるのだとか。
匂いもあまり残らないようですね!
分量は米1合に対して小さじ1杯が目安です。

 

にがり

一時期、にがりダイエットって流行りませんでした…?
にがりを入れると、粘りと歯ごたえをお米に加えてくれるそうです。栄養価も高めるとか。
一緒に頂くお料理に併せて活用できそうです。
分量は米1合に対して1滴。かき混ぜることも忘れずに。

 

 はちみつ

私は正直「え!?」と思ったのですが、はちみつを加えると高級米の味に近づくのだそうです。
また、お米の保水性を高めてふっくらした炊き上がりにするようで、水分の少ないお米に良いかもです。
甘さを引き出せる理由は他の調味料と違い、「アミラーゼ」という物質がデンプンを分解し、甘さを出しやすくするためだそうです。
分量の目安は米2合に対して小さじ1杯です。

 

 備長炭

こちらはプロ御用達かもしれませんね。
ふっくら炊きあがり、黄ばみ防止、臭い防止の効果もありますので、一度に大量のお米を炊く場合や、冷凍保存などで長期保存を予定されるのであればおすすめです。
分量の目安は水1リットルに対アして100gの備長炭です。

 

 お酢

夏場には是非こちらを使ってみてください!
炊飯器に3日ぐらい入れた状態でもご飯が傷みにくくなるようです。
匂いもそこまで残りません。
分量の目安は米1合に対して2、3滴です。

 

 もち米

面白い活用法なのですが、海外のお米と混ぜて使用すると美味しく食べられるのだとか。
海外のお米は水分が少なく、パサパサなものが多いので苦手な方も多いかもしれませんが、もち米を一緒に炊くと美味しく召し上がっていただけるかと思います。
海外で頑張る方に贈り物をするならもち米がいいかもしれませんね!!
分量の目安はもち米を1割程度になるくらいの量です。

 

まとめ

今日から始められることばかりなので、是非ご家庭で試して頂ければと思います。
誰かに「美味しい」って言ってもらえると嬉しいですもんね!
ご飯を炊くこともお料理の一部という気持ちで私も色々試してみます^O^

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = == = = = = = = = = = = = = = =

飲食企業からスカウトがくる!?

\エフジョブプロ/

〇自分の経験を十分に生かしたい!けどどうすればいいのか分からない…

〇忙しくて求人を見る暇がない…転職活動をもっと前に進めたい!

〇書類選考の手間を省きたいな~。もっと効率的にできないの?

そんな思いがある方、是非ご登録ください*

https://fs-job.net/pro/

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = == = = = = = = = = = = = = = =

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録