履歴書作成で10個の気をつけるべきポイント

履歴書
転職活動をする際、相手企業が貴方のことを良く知るための最初のツールが履歴書です!書類審査が通らなければ、面接で自己PRをすることすらできません。まず、この書類審査を突破できる履歴書作成の仕方をお伝えします!

PC派と手書き派で別れると思いますが、新卒以外であればPC派時代の流れとともに増えております。今回は手書き派について大切なポイントをご紹介させていただきます。

文字を丁寧に書く!

基本中の基本で、どの履歴書マニュアル本にも書かれていますが、とても重要なことです。履歴書を書く時間を惜しんで雑に書いてしまう人も多いですが、ここをしっかり書くことが後々の選考や面接に関わってきます。重要なことは上手であるかではなく、丁寧に書いているかです。自分の字に自信がないからと言って雑に書くことはNGです。ゆっくり丁寧に書くことで字に自信がない人でも上手に見える字が書けます。

誤字、脱字をしない!

誤字、脱字はいい加減な人だという印象を与えてしまいます。間違えてしまった場合は修正液や塗りつぶしをせずに新しい履歴書に書き直しましょう。また、言葉遣いや接続詞がおかしくならないように事前に下書きなどをしておくこともオススメです。

オリジナルの履歴書を作成する

ネット上にある履歴書のテンプレートを読み込み、必要な項目のみを組み合わせたオリジナルの履歴書を作成することもオススメです。市販されている履歴書には転職の際に不要な項目も含まれているため、オリジナルで作成したすっきりした履歴書が見やすく好まれます。

志望動機で空欄を作らない!

本人希望欄や志望動機など、何を書いたらいいかわからなく、空欄で提出してしまう人がいます。これは絶対にNGです!最低でもありきたりのことを書くことがベターです。何も書かない=やる気がないと認識され、大きなマイナスになります。また、日付欄や住所のふりがな、性別のマーキングなど、細かい部分の記入漏れにも気を付ける必要があります。

履歴書の使いまわしはしない!

転職時には同時に複数の会社に応募するため、一枚一枚の履歴書を書くことが面倒になり、記入済みのものをコピーして使い回す人がいます。これは絶対にNGです。どんなに忙しくても履歴書は1枚ずつ手書きで丁寧に書きましょう。また不合格になって返却された履歴書の日付などを修正し、別会社に送付することもNGです。コピーや使い回しをしているところを見た人事担当者からいい加減な人物だと思われ書類選考の時点で落とされてしまいます。

折り曲げたり、汚したりしない

履歴書は丁寧に扱いましょう。何かを食べながら書いたりすると思わぬ油汚れが付いてしまう危険があります。また、履歴書上方欄を記入する際に机と腕の間で折り跡を付けないように気を付けながら記入する必要があります。油汚れがあったり、封筒に入れるために折り曲げた折り目以外の折り目やシワのある履歴書は応募書類として丁寧に扱っていないという印象を持たれ、面接前にマイナスのイメージがついてしまいます。

証明写真は綺麗に写ったものを使用しましょう

履歴書は丁寧に扱いましょう。何かを食べながら書いたりすると思わぬ油汚れが付いてしまう危険があります。また、履歴書上方欄を記入する際に机と腕の間で折り跡を付けないように気を付けながら記入する必要があります。油汚れがあったり、封筒に入れるために折り曲げた折り目以外の折り目やシワのある履歴書は応募書類として丁寧に扱っていないという印象を持たれ、面接前にマイナスのイメージがついてしまいます。

郵送する場合、送付状を添付しましょう

郵送で履歴書を送付する場合、ただ書類のみを送付するのではなく、送付状を同封するとより好感が持たれます。ビジネスの場面では書類などをやりとりする際に、送付状を添付することがマナーとなっています。ですが、履歴書を送付する際に送付状を添える人はあまりいません。そこで履歴書を送付する際、送付状を添えるだけで、グッと人事担当者への印象がアップします。

学歴や職歴を詐称しない

履歴書は丁寧に扱いましょう。何かを食べながら書いたりすると思わぬ油汚れが付いてしまう危険があります。また、履歴書上方欄を記入する際に机と腕の間で折り跡を付けないように気を付けながら記入する必要があります。油汚れがあったり、封筒に入れるために折り曲げた折り目以外の折り目やシワのある履歴書は応募書類として丁寧に扱っていないという印象を持たれ、面接前にマイナスのイメージがついてしまいます。

志望動機は簡潔に伝わりやすいものにする

その業界、その中でもその会社、そしてその職種を志望した理由を簡潔にまとめて記入するようにしましょう。そのためには業界研究をしっかりして、志望会社がその業界内でどのようなポジションにいるかを把握することが大切です。そして何故その職種を志望しているのかを簡潔に書き出します。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録