アベノミクス景気!そのわけとは!?

春ですね!コンサルタントの角野です。

 

2012年12月に始まった「アベノミクス景気」が1990年前後のバブル期の経済期を抜いて戦後3番目の長さとなりました。

 

 

その要因として労働力人口の増加も一因と言われています。

労働力人口は平成27年平均で6598万人となり、前年に比べ11万人の増加となっています。

 

 

「少子化で労働力が減っているのでは?」

とお考えの方、ある意味正解で平成27年時の男性の労働人口は3756万人と前年に比べ7万人減少しています。

 

 

ではなぜ増えたのか?

 

そう。

 

女性の労働人口が増えているのです。

2842万人と前年に比べ18万人の増加となっています。

 

 

完全失業率に関しても男性が25歳~35歳、44歳~65歳での失業率が上がっているのに対し、女性はすべての年齢階級で低下となっております。

 

 

「雇用環境を整え、女性労働力を確保するということも少子高齢化が進む中で国力の維持を考えたときに重要な事項になる」

ということで、国は躍起になって女性が働きやすい環境づくりを推進しています。

 

 

「男女雇用機会均等法」「育児介護休業法」「パートタイム労働法」等々インフラ整備を整

えており、平成27年にはそのものずばり「女性活躍推進法」という法律が施行されていて、助成金や罰則規定により企業にアメとムチで労務環境を整備することを推奨しています。

 

 

飲食業界もその時流に乗り、短時間勤務、勤務時間の選択などができる企業が増えてきています。

 

 

結婚、出産などのライフイベントにより、働くのは好きなのに仕事を離れなければ、といったお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

女性コンサルタントも多く在籍しておりますので、懇切丁寧な転職支援をさせて頂きます。

数多くの企業とお付き合いがあり、お力添えができることもあるかと思いますので、まずは弊社コンサルタントにご相談くださいませ!!

 

 

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録