【元バーテンダーが教える一番愉しく飲めるグラスとは!?】

こんばんは!

元バーテンダーの飛田です!

 

今日は、お酒とグラスの関係について、

書きたいと思います!

 

まず、こちらは「カクテルグラス」

シェイカーを振った後に、使用するグラスです。

基本的には、注いだ時点で完成しているのがショートカクテル。

 

時間が経ちすぎてしまうと、ぬるくなってしまう。

氷を入れると、氷が解けて、味が変わってしまう。

 

その為、このようなグラスが最適。

早く飲んで貰うために、量が少なめ。

氷を入れるスペースを敢えて作らない。

 

次は、シャンパングラス。

 

口の部分が狭いのは、炭酸ガスの保存が良く、

そして、背が高いのは底の中央から立ちのぼる泡を視覚的に愉しめる為。

 

最後に、ワイングラス。
口が大きいのはなるべく空気に触れさせて、立ちのぼってくる香りを愉しむため。

まず色を愉しむ(Look)、次に香りを愉しむ(Smell)、最後に味を愉む(Taste)の3段階

で愉しめるのが、このグラスの良いところです。

 

如何でしたでしょうか?

今回は、3種類のグラスをご紹介しましたが、

これ以外にも、グラスの種類は多種多様。

 

飲み比べして、色、香り、味の変化等を愉しむ飲み方も一つかなと。

 

ご興味ある方は是非。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録