御存知ですか?就職促進給付金!

コンサルタントの角野です。

 

転職をお考えの皆様、

雇用保険には「就職促進給付」というものがあることをご存知ですか?

 

諸々条件はありますが、現職で雇用保険に一定期間入っていれば

離職した後に「早期で就職」、その後「継続して就業」することでもらえる手当てがあるのです!!

 

下記大まかではありますがまとめてみました。

 

 

【基本情報】

・離職日前日から2年さかのぼって12カ月の被保険者期間

・会社都合(特定受給者)の場合は1年さかのぼって6カ月の被保険者期間

・基本手当の日額 大雑把に言って360万円の場合5千円

※月給30万×6カ月÷180日×給付率(100分の50)

・給付日数90日120日150日180日210日240日270日330日

※被保険者期間によって異なります。

 

■再就職手当

早期に正社員などの安定した形で就職できたものに対するボーナス的な給付です。

早期の再就職を促す効果があります。

 

【例】

・基本手当の支給残日数が3分の1以上

 

90日給付で30日の残数

5000×30×10分の6=90000

 

早期の場合

・基本手当の支給残日数が3分の2以上

90日給付で60日残数

5000×60×10分の7=210000

 

■就業促進定着手当

再就職手当の支給を受けた人が、その職業に就いた日から6カ月以上就業していて、その職業についてからの賃金が前の会社での賃金よりも低い場合には、就業促進定着手当を支給します。

新しい会社に「定着」するための手当てです。

 

【例】

前職、月給30万円 再就職先27万円

(算定基礎賃金日額10000-みなし賃金日額9000)×180=180000

 

上限額(給付日数が90日で60日後に就業した場合)

5000×30×10分の4=60000

 

上限額(給付日数が90日で30日後に就業した場合)

5000×60×10分の3=90000

 

 

いかがですか?

概要ですが、状況次第では、半年通算で30万円ほどの金額が給付されることもあります。

 

 

情報をご活用いただき、ご納得の転職を進めていただければと思います!!

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録