桜の雑学について!

こんにちは!担当のNです。

先日3月21日、東京でも桜の開花宣言が!春を感じるこの頃です(^^)/

桜と言えば「お花見」ですよね?

そこで、お花見で使いたい??雑学について調べてみました。

 

さっそく!トリビア!

 

  • 桜は「バラ科」?!

バラ科モモ亜科スモモ属という分類だそうです。

特に意識をしたこともなかったのですが、「バラ科」っていくと意外ですよね。

バラ科のサクラ属、モモやスモモなどの亜種を除いたものを一般的にサクラと呼ばれるそうです。

 

  • ソメイヨシノはクローン?

桜でポピュラーな品種は「ソメイヨシノ」。誰もが一度は聞いたことある品種ですよね。

日本で見られる桜の8割は「ソメイヨシノ」です。

そのためか、気象庁が発表する開花予想もソメイヨシノを基準にして決めているそうです。

そんなソメイヨシノは江戸時代の末期に、現在の豊島区にある植木屋が園芸用として

吉野桜として売り出したのが始まり。

そこから種子で繁殖は出来ないので、1本の原木から接木で繁殖をしていったので、

クローンであるといわれています。あの木もこの木も一緒って考えると面白いですね!

 

  • 桜の開花と満開の基準は?

 開花=サクラの木の花が数輪咲き始めた状態

 満開=8割以上の花が開いた状態

 木々によって成長度合いは異なるため、気象庁や気象台は標本木を定めて、

 毎年同じ木を観測するようにしています。

 また、こちらら予報官が直接標本木のある公園や神社へ出向いて、目で観測しているそうです。

  • 昔は縁起が悪いものだった?

「すぐに散り、散った花の色もすぐに変わる」ということから、

江戸時代はあまり縁起のいいものとしては扱われませんでした。
この時代では。「すぐ心変わりする」などの意味も持ち祝言(結婚式)は桜の季節を避けられたそうです。

現代では、結婚式に「桜湯」も出たりするので意外ですね。

 

  • 桜湯?

結婚式などで「桜湯」って出たりしますよね。こちら何故だがご存知でしょうか。

桜湯の見た目の華やかさはもちろん、煎茶は「お茶を濁す」「茶々を入れる」などに通じるとされ、

一般的には使用しないそうです。

 

いかがでしたでしょうか。お花見の席でさっくり面白いかもしれませんね1

 

≪参照≫

http://engimono.net/articles/bK0LF

http://s.n-kishou.co.jp/w/sp/sakura/sakura_mame.html?

【桜】に関するトリビア、花見の席でひけらかして花見のスターになりましょう(笑)

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録