事務職の転職市場観について

こんにちは。担当のNです。

「事務職」へ転職をしたいと思っている方、多いのではないでしょうか。

私も面談をしていると事務希望の方は、もちろんも女性も多いですが一部男性でもいらっしゃいます。

そのような方必見、「事務職の転職」についてコラムを書きたいと思います。

 

事務職とは?

「事務職」または「一般職」、さらに「バックオフィス」とも言われていますね。

まず事務職・一般職・バックオフィス職は、どのような職種がありますでしょうか?

一例をあげてみると下記のような職種があります。

  • 営業事務
  • 一般事務
  • 貿易事務
  • 秘書
  • 総務
  • 経理
  • 人事
  • 法務
  • 広報

などなど、意外と職種があります。

頼まれた仕事をすればいいから自分にもできそう、ゆっくり安定して働くことが出来そう、

というイメージを持つ方が多く、転職市場でも人気な職種です。

ですが、事務職の転職は意外と難しいことをご存知ですか?

 

事務職の転職は難しい??

事務職への転職の難易度が高いのは下記の理由があります。

 

◎そもそも求人母数が少ない

事務職は会社の根幹を支える大切な業務ですが、営業職や接客業とは違い

直接的に利益をもたらす職種ではないという考えが主流。

そのため、各企業は事務職に人件費を割くことを避け、人数が限られているのです。

不景気になった時に組織編成でメスが入りやすいのも特徴。

そのため、転職市場に出る求人数も実は少なく、給与水準も営業職等と比較すると低めなことが特徴です。

 

◎実は専門性が求められる

上記の理由に加えて、IT化の進んだ現代社会においては、

ITで解決することが出来るために単純作業をするような

事務の求人はあまりありません。

ポジションがあった場合でも、コストをさげられそうな派遣社員などの

所謂非正規雇用の求人がほとんどです。

企業にとってコストをかけてでも採用をしたい事務職というと、

  • 事務職の経験が豊富
  • PCスキルが豊富
  • 英語が堪能
  • 経理や法律などの専門知識を持っている(簿記、社労士など)

など依頼された業務をしっかりこなす、仕事を頼みやすい雰囲気を持つなど

基本的なスキルを持っていただくことはもちろん。

加えて、プラスアルファのスキルを持っていて、実務経験が豊富な方が重宝される傾向があります。

 

◎仕事の責任は重い

上記のように専門知識を求められる事務職は会社の根幹を支える業務です。

基盤が整っていない企業はこれからの成長に不安が生じるもの。

そのため、バックオフィスの責任は非常に重いのです。

 

いかがでしたでしょうか?意外と難しいということが伝われば幸いです。

どうしても事務職になりたい方へ

それでも、人をサポートするのが好きだから・家庭の状況で働かないといけないなど

どうしても事務職になりたいという方もいらっしゃるかと思います。

そのような方々に試して頂きたいことは

  • 仕事に制限を付けず広い業務に挑戦する
  • 資格を取るなど専門知識を身に着ける
  • 他の人がやりたがらない仕事に積極的に手を上げ能動的に仕事に挑戦をする

などを積極的に取り組んで頂くとよいかと思います!

専門スキルがあり、能動的に仕事が出来て職場を変えられるような方は

他の方との差別化にもなり市場価値も高くなります!

 

参考にして頂ければ幸いです。

【参考資料】

https://www.s-shiori.com/con2/archives/2011/03/post-39.html

https://doda.jp/woman/guide/soudan/009.html

https://woman.type.jp/wt/feature/753

http://job.e-mensetsu.net/list/page02.html

 


Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/growup0227/fs-job.net/public_html/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 465
飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録