【飲食店 売上高営業利益率ランキング】

こんにちは。

飛田です。

 

まだ、最新のランキングは出ていないようですが、昨年度の

ランキングを振り返ってみました。

 

売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100

 

売上高営業利益率は上記数値で算出されるわけですが、

簡単に言いますとこの数値が高い程、効率的に儲けている事と

イコールとなります。

 

2016年度 飲食店 売上高営業利益率ランキング

 

(出所:帝国DB 全国企業あれこれランキング2016)

ひらまつがダントツですね。。

前回も1位を取っております。

 

調べてみたのですが、一つの理由としては、

FLコストの低さがあるかと思います。

 

飲食店のFLコストは、売上の60%前後(業態等にもよって異なりますが)

と言われています。

その中で、ひらまつは約49%。

人件費率が12%という驚異的な数値。

 

しかし、あり得ないくらい安い給与かと言われると、

他飲食企業と比較しても、そんな事は無い。

 

人件費は固定費ですので、売上が上がれば、自然と率は下がります。

若い方を活用し、人件費を抑えつつ、回転率、単価を上げて

売上をしっかりと上げていく、ある種理想的な仕組みになっているかと思います。

 

ひらまつはブランディングにも優れていますので、

今年も一位は濃厚かもしれませんね。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録