健康にもよし、飲む点滴【甘酒】!

こんにちは、担当のNです!

先日の最強寒波本当に寒かったですね…。

明日20日(金)、再び寒気が流れ込むようですね。。温かくしてお出がけしましょう!

 

話は変わりますが、そんな寒い中私が個人的にはまっているのが【甘酒】です!

夕食後に、温かい甘酒を飲むとなんだかホッとして落ち着きます。(私事ですみません。。)

ですが、ご存知の方も多いと思いますが甘酒は『飲む点滴』と呼ばれているくらい

健康に良い食材なのです!

そこで、甘酒について調べてみました!!

 

甘酒の歴史

甘酒=冬の飲み物、というイメージがありましたが、甘酒は夏の季語になっていて

本来は夏の風物詩と言われています。

話は遡ること、江戸時代。実は江戸時代は、夏の死亡率が一年で最も高かったそうです。

夏の暑さにより体力が一気に低下してしまい、体力のないお年寄りから子どもだけでなく

大人でも仕事などで無理がたたり、亡くなる人が多かったようです。

そんな時に、栄養たっぷりの甘酒は体力回復に効き目があるため、

街に、甘酒売りが多く出ていて、その様子は歴史書などで書かれているそうです。

 

甘酒の種類??

実は甘酒と言っても、「酒粕」と「米麹」で作る2種類に分けられるのをご存知ですか?

上記2つ違いは、もちろん原材料が異なるので作り方も異なります。

◎酒粕

酒粕をお湯で溶いたものに砂糖を加えて作るもので、

酒粕を使っているため、少しアルコール分が含まれます。

作り方が比較的簡易なため安価で、砂糖が多く含まれていて

甘くて飲みやすいですが、糖分を気にされる方には不向かもしれません。

◎麹

米麹とお米を発酵してつくるもので、お米の自然な甘みはありますが、

酒粕ほどの飲みやすさはないかもしれません。

発酵して作る分時間がかかるため、酒粕よりは高価になりがちです。

一般的に「飲む点滴」はこの米麹の甘酒のことを示すそうです。

 

それぞれの栄養について

材料が違うため、栄養素も若干異なります。

◎米麹

酒粕に比べて、優れているのは「砂糖不使用」「アルコール分はないこと」

さらに、酒粕には含まれないブドウ糖や麹菌に増殖するときに生成され

蓄積されるアミラーゼなどなんと100種類以上の酵素が含まれているので、

身体にもよく、健康にもよいです。

 

◎酒粕

ビタミン類・タンパク質・食物繊維などの成分は米麹以上に入っています。

ビタミンを肌の代謝を良くしたり、セラミドという保湿の成分や

プロリンというコラーゲンの成分がふくまれていて

お肌がキレイになるような成分がたくさんあります。

 

どちらも栄養が高くて、飲むと効果があるようですね!

どちらを飲めばいいのか?と思われたら

お子さんに飲ませる・ダイエットは「米麹」、美容目的には「酒粕」がおすすめ

というのことだそうですね!

あとは単純にどちらがおいしいと感じるか…でしょうか笑

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちなみに私は飲みやすいからという理由で、酒粕の方の甘酒を飲んでいます。。

少し前まで肌荒れで悩んでいたのですが、飲み始めてから肌がきれいになった気がしています笑

是非、試して下さい!

 

≪参考≫

http://www.hakutsuru.co.jp/amazake/history.shtml

甘酒は酒粕と米麹の2種類!3つの違いを知って目的別に飲みわけよう!

甘酒の栄養と効能!なぜ飲む点滴と言われるの?

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録