≪逆質問!≫最後に質問はありますか?

こんにちは。コンサルタントのNです!

すっかり寒くなってしまいましたね…。昨晩、寒いので厚いお布団を用意しちゃいました。

なので熟睡できてすっきり!なのですが、朝寒くてお布団からなかなか出られませんでした笑

 

さて、本題ですが面接を受けると面接官から

最後に質問はありますか?

と聞かれることってありませんか?巷では逆質問と呼ばれています。

面接慣れをしていない方ですと、「??」ではないでしょうか?

また、この質問で良い印象にも、悪い印象にもなってしまうこと、ご存知ですか?

今回はその「逆質問」についてコラムを書きたいと思います!

 

質問の意図について

「最後に質問はありますか?」の一言。

実はなんでも聞いて良いというわけではないのです。

実は隠された意図、含まれた意味が存在するのです!

  • ミスマッチをなくすため。

→入社後に、「こんなはずじゃなかった!」をなくすためです。

企業にとっても早期離職は痛手となるため、双方の理解を深めるため、と考えてください。

  • 会社に対して興味があるのか?

→会社に興味があって、ここで働きたい!と思ってもらっているのであれば

疑問に思うこと、質問したいことってありますよね?という考えがあります。

なので、ここで「ありません」というのは「あなたの会社に興味ありません!」と

言っているのと同じことになってしまうのです…。

  • コミュニケーション能力(質問力)を見る

→企業情報を調べてもらっていることを大前提として、的確な質問が出来る人は、

的確にコミュニケーションを取ることが出来て効率的に仕事が出来るのでは?と考えているためです。

また、内容だけでなく言葉遣いや話し方などの基本的なスキルも見られています。

  • 最後にアピールタイムの時間をお渡しします

→面接は緊張するものですし、話したいことを話せないときもありますよね。

この時間を通して質問をしたり、伝えたいことを伝えてもよいですよ。

 

主に上記の4つがあげられるでしょうか。

なので「最後に質問ありますか?」は意訳すると

「こちらからの質問は終わったんですとけど、面接で言えなかったことと聞きたいことある?(面接はまだ終わってないけど)」

面接官からの質問が終わったけれども、面接官は目の前にいます。

気を抜かず、アピールできる質問をしていきましょう!

 

逆質問のポイント

そのため、面接には転職理由・志望動機・キャリアビジョンなどの基本的な内容に加えて、

逆質問も3~5つ程度用意しておきましょう。

その際に、注意するポイントは下記のものです。

  • 調べればわかる質問

→事前に企業について調べていないことが丸わかりになり、志望度が疑われてしまいます。

  • はい、いいえで答えられてしまう質問

→○○はありますか?等の質問です。話も膨らまないですし、お互いに情報量が少なくなってしまうので

別の質問の仕方をしましょう。

  • 相手の立場を無視した質問

→面接官の立場を踏まえて質問しましょう。例えば、人事に会社の経営理念に共感しました、背景は何でしょう?や

社長に現場の仕事内容についての質問をするなどです。

  • 待遇をする質問

→残業時間、給与等の質問ばかりするのは避けましょう。

面接官からすると、「仕事内容については興味ないのね」という印象を持たれてしまい

意欲が低いと判断されてしまいます。

 

では良い逆質問をするためには何を気にすれば良いのか?

  • 調べてもわからない質問

  • 入社後に活躍するために知りたいこと

  • 仕事に対してのやる気をアピールする質問

  • 長所をアピールする質問

等になります。

 

聞くと面接官受けの良い質問

では、それぞれ上げていきます。

【良い質問】

  • 入社後、どのようなステップで実務に携われるでしょうか?
  • 入社後活躍するために、どのような勉強をするとよいでしょうか
  • 配属先の1日のスケジュールはについて教えて頂けますでしょうか
  • 現職で培った〇〇の経験を活かして〇△の仕事がしたいのですが可能でしょうか?またそのためにはどのようなスキルがより必要でしょうか?
  • 御社で活躍している人の特徴は何でしょうか?
  • 〇〇のような環境で働きたいと思い御社の求人を拝見した際、〇〇な印象を受けたのですが、間違いないでしょうか?

などなどです。

実際に働く上での前向きな質問やHPや求人票だけではわからないような

会社の雰囲気についてわかるような質問を聞くとよいです!

 

まとめ

いかがガでしたでしょうか。少しでも面接の準備の際に役立てたら幸いです!

 

弊社では、単なる求人のご紹介に留まらず面接のサポートも行っております!

ご興味がある方は是非弊社の面談にいらしてください!

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録