HAPPY HALLOWEEN!!

 

今年もこの季節がやってまいりました!

思い思いの衣装を身にまとって、10月31日は街に繰り出しましょう!

ハッピーハロウィン!!

 

…とはいうもののハロウィンってそもそも何ですか?

 

昭和生まれの私にはまだまだなじみ薄く感じてしまうお祭りです。

何のためのお祭りなの?

何処の国のお祭りなの?

なんでコスプレ?

 

そんな疑問点からハロウィンについて調べてみました!

 

◎何のためのお祭りなの?

元々は古代ケルト人が起こしたお祭りだと考えられています。

 

10月31日はケルト人にとって夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、ご先祖様が加須を訪ねてくると信じられていました。

いわば、日本の「お盆」のようなものなのですね!

 

その時にご先祖様と一緒に冥界からお化けなどもやってきてしまう!

ということから、ハロウィンのコスプレは魔界的な要素が強くなっております。

 

◎どこの国のお祭りか?

主にアイルランド、イギリス、アメリカなど英語圏の国でお祝いされるお祭りのようです。

現在日本で流行している様々なコスチュームを身にまとう形式はアメリカ由来です。

 

もともとの幽霊、魔女、蝙蝠、悪魔等々から飛び越えてキャラクターの格好をすることになり、そのスタイルが日本に派生しています。

 

 

◎日本ではいつから?

日本においてのハロウィーン元年は1997年、東京ディズニーランドによる『ディズニー・ハッピー・ハロウィーン』、川崎市の『カワサキ・ハロウィン・パレード』が行われ、そこからイベントとしての認知度が高まったといわれています。

 

◎ハロウィンの経済効果は?

ハロウィンの経済効果ですが2015年時は1200億円とされています。

 

これはあのバレンタインの経済効果と勝るとも劣らない数値です。

 

バレンタインの対象が主に恋人同士、男女を対象にしたイベントであるのに対しハロウィンの対象は不特定多数を巻き込んだイベントに発展できる可能性が大きいことから、今後さらなる経済効果が期待されています。

 

ちなみにクリスマスの経済効果は7000億円とされています。

聖なる夜はすさまじいですね!

 

とはいえ、それに迫る勢いで急成長を続けるハロウィン。

飲食業界これから繁忙期に入ってまいります。

 

ハロウィーンで弾みをつけ、年末に向けての繁忙期、良い形でスタートを切りましょう!

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録