サービス業で大切なこととは?顧客満足度アップで大切なこと

 

こんにちは。

今回はサービス業、接客する際に大切なことって何なのか?

ということに関してお話ししたいと思います。

接客業の経験や、自分がお客様の立場になったときの実体験をもとに

ささやかにお伝えします。完全に私の持論です。。

人それぞれのお考えがあるので参考までにご覧ください。

 

私たちは、飲食店やレストラン、ホテルなどでのサービスはもちろん、

コンビニでもブランド品でも、買い物をするとき、美容院など、

様々な場面で接客を受けています。

その中でお客様はどんな時に喜んでくれているか?信頼してくれるか?を考えた時に

基本的過ぎることかもしれませんが、一つ共通点を見つけました。

 

覚えていてくれたとき、です。

 

当たり前すぎて残念に思った方がいたらすみません。

でも、実際出来ている方ってどのくらいいるでしょうか?

お客様のことを「記憶する」。

そして、記憶しているということをしっかり「表現する」。

商品力もブランド力も関係なく、自分次第でできることです。

 

商材・単価がどんなに違っても、これは本当に大切だと思います。

 

私が販売職時代、お客様との会話を覚えていて、

2度目に会った際に何気なく覚えていたことをもとに話をしたところ、

「覚えてくれてたんですね!すごい!!」と喜んでくれたことをとても良く覚えています。

 

当時新卒だった私は、成績を上げるため、

先輩社員から販売の技術的な部分を学ぼうとしていた時だったのですが、

どんなトークよりも「記憶力」でこんなに喜んでくれるんだ!

と身をもって感じました。

 

そして不思議なことに、覚えていると、接客もすごくやりがいを感じますし、楽しいんです。

接客の仕事をしている方は、お客様を喜ばせたい、喜ぶ顔が見たい、

ということをやりがいに感じている方が多いと私は感じているのですが、

覚えているということを表現すると、お客様が喜んでくれますし、

信頼してもらえることで自分も嬉しくなる、そして、成績も上がる。

いいことずくめです。

 

「記憶力は最大のサービスである」

 

人に教える立場になった頃には、私はよくこんなことを言ってました。大袈裟です。笑

もちろん、これが全てではないのですが、

革新的なことよりも、基本が出来ているか、振り返ることも大切だな、と思います。

 

接客、営業など人と関わる仕事はもちろん、プライベートでも、

信頼関係を築くための一つの方法として、たまに思い出して頂けると幸いです。

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録