「前向きな転職理由」って…?

こんにちは!今日の担当のNです。

今回も「転職」をキーワードにコラムが書ければと思います!

 

転職をすると避けて通れないのが「面接」。

そして必ずと言っていいほど聞かれる鉄板の質問、それが「転職理由」だと思います。

よく「転職理由は本音を言ってはいけない」とか「ポジティブな理由を言わないといけない」などなど・・・

色々なことを聞くと思います。

マイナスなことがだめって嫌だから辞めるのに、ポジティブって難しい!!と

転職希望者の方とお話しする際によく聞きます。

そこで、面接の際に転職理由を伝える際に気を付けるポイントや良い伝え方などを

お伝えできればと思います!

 

転職理由のあれこれ

そもそもなぜ面接で転職理由を聞かれるのでしょうか?

  • 入社してもすぐに辞めてしまうのではないか
  • 仕事への思いは甘くないか
  • 周囲の社員と良い関係を築けるだろうか
  • 不平や不満が多く、他人のせいにしがちではないか
  • 転職理由と志望動機の筋は通っているか

 

などなど。

簡単に言ってしまうと、「自社に入社してもすぐに辞めないのか?」を確認したい

というのが採用担当の本音です。

その人(応募者)がどのような時にストレスを感じて辞めるのか

周りとの関係構築の仕方はどうか、考え方のバランスはどうかなどを

まず判断する基準にもなるのです。

 

なので、「その理由であればうちの会社なら平気だね。」と面接官に思わせれば

ほぼ問題ありません。そのため、下記のようなものは評価を得にくいのが現状です。

  • 上司と合わない、職場の人間関係が悪い

→上司だけの問題だったのか?協調性がないだけではないのか?

  • 残業時間が多すぎる

→残業時間にもよるが、仕事への意欲について懸念を持たれる

  • 給与が低い、評価が不満

→そもそも評価に値するだけの実績を出しているのか

  • 仕事が面白くない

→ではなぜその仕事に就いたのか?面白くするための努力はしたのか、見通しが甘かっただけでは?

 

もちろん、本当にどうしようもない理由がある方もいるかと思いますが、

現職でどのように働いて行動してきたか、採用担当の方は見ていたわけではありません。

そのため、上記の理由を聞いて想像するしかないこともあるため、

上記な印象を持たれがちになってしまいます。

 

転職理由の伝え方

今の仕事を辞めたいと言っているので、マイナスなことが出るのは仕方がないと思います。

マイナスな気持ちをいかにポジティブに変換して次の仕事につなげるのかがポイントです。

例えば、下記など

  • 職場の雰囲気が悪い

→個人主義の社風が強かったが、チームワークで行動することが得意であるため

チームワークを意識する職場がいい

  • 残業時間が多い

→メリハリの効いた職場で、資格取得やスキルアップの時間をつくりたい

  • 給与が低い

→年功序列の会社であったため、成果を実感しにくい環境だった。

成果を正当に評価をして給与に反映される環境を希望されるため。

 

などなど…。上記を並べてみるとわかりやすいかと思いますが

転職の理由はマイナスであっても、次はどのような環境で何がしたいのか?という

理由は前向きに話すことができると思います。

今の環境では難しいから「転職」をする。そのため次の環境では○○を求める!ということですね。

 

またここで重要なポイントですが、転職理由と志望動機は「一貫性」を持ってください。

例えば、上記の中で年功序列で給与が成果に反映されないという理由で、

年功序列の雰囲気が強い会社を希望するようであれば矛盾してしまうためです。

その点が矛盾したままであると、早期退職も伴ってくるため慎重に見るポイントです。

 

なので「会社を辞めたい」という気持ちが前に出てしまうかと思いますが、

一呼吸おいて冷静になり「この環境や状況が改善されたらどのようになりたいのか」を

じっくり考えてみると本当に自分が何を求めているか答えが出てくると思います。

 

まとめ

すこし時間がかかり大変な作業になってしまいますが、転職活動を進める上では

欠かせない作業だと思います。

自分だけで冷静に考えることが難しいということであれば、友人や弊社のようなエージェントに

相談してみるとよいと思います!

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録