【面接の事前準備、情報収集】

本日は面接の前段階である、

面接準備、対策について書かせて頂きます。

 

皆さんの転職活動の命運を分けるのはやはり面接ではないでしょうか。

面接受けが良い方、そうでない方。当然ですが一人一人評価は異なります。

 

 

面接受けが良い方、そうでない方。

合格を勝ち取る方々に共通している点の一つとして、

『面接対策・準備』をしっかりとしている事が挙げられるかと思います。

 

 

ただ、面接対策といっても何から始めればよいのか。。。

と感じてらっしゃる方々は多いのではないでっしょうか。

結局色々な情報に注意が分散してしまってよく分からないまま面接へ。

といった空回りの状態だけは防ぎたいですよね。

 

そこで、私がこれまで様々な方々のご支援をさせて頂く中で感じた、

面接に強い方の共通点を踏まえて、事前の面接対策で整理しておくべき項目を、

以下にまとめさせていただきます。

 

 

最低限確認しておきたいポイント

①面接のトータル時間

⇒意外と盲点であるポイントかもしれません。

30分の企業もあれば2時間以上の面接を毎回行っている企業もあります。

面接時間が分からないままだと知らず知らずの内に話し過ぎてしまった。

端的に終わらせ過ぎてしまって、志望度が伝わり切らなかった等の状態の陥りやすいです。

 

②面接担当者

⇒これも重要なポイントです。面接官がどのような方なのかによって、

面接の際に重視するポイントが変わってくる可能性が高いです。

人事担当者なのか、所属部署の部長なのか、社長との面接なのか。

相手によって面接内容や重視されるポイントも大きく変わってくるかと思います。

 

③企業側が選考で重視するポイント

⇒自己応募の場合は限界があるかもしれませんが、紹介会社を通して、

選考をする場合は是非、ダメもとでも聞いてみてください。

意外と沢山の重要な情報が出てくることも珍しくありません。

どんなに優れた内容を展開していっても、企業が何を求めているものでなければ、

面接官の心に響くことはないでしょう。

 

 

【その他ポイント】

また、書類選考で使用した履歴書と、職務経歴書。

実はこれも面接の際の大きな武器となります。

考えてみれば書類を見ながら面接をする方々が大半だと思うので当然ですよね。

面接の展開が膨らみやすいように意識して、書類を作れるとよいかと思います。

 

 

みなさんも、人材紹介会社から面接前の詳細や

ご案内を受けられた事もあるかもしれません。

どの企業にも通用する対策というよりは個々の企業に合わせて対策を進めていくと、

自然と結果はついてくるかと思います。

 

 

うまく紹介会社さんたちと付き合いながら効率的に、

転職活動を進めていきましょう。

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録