面接対策①第一印象を良くする方法

面接って緊張する方がほとんどだと思います。

何を聞かれるのか、何を言えばいいのか…
準備を一生懸命していても、いざ本番になると言いたいことが言えなかったり。。

もちろん、
ご自身の熱意や想い、どんなスキルを持っているのか、
効果的に伝えるためには準備をすることが一番大切です。

弊社でも、面接日時が確定すると、

各コンサルタントが「面接対策」の時間を取って
求職者の方へ企業特性など伝えたり、模擬面接なども行ったり、
面接通過の確度を高めるサポートもしています。

ですが、本番直前の受付や控室で待っているときにはもう、
準備したカンペなど、見る余裕はないと思います。

もう、そこまで来たら、、

第一印象を良くすることに最大限注力しましょう!!

様々な著書でも、こんなことが書かれています。

================================

≪人は出会ってあなたをたったの6秒で判断しているそうだ。
6秒というのは、出会って目があって、挨拶をするところまでが大体6秒。≫

(出典第一印象を良くする6つの方法のまとめ。 | 口コミ発信!モノ人)

≪実は多くの企業の採用担当は、
人物性は、第一印象でほとんど判明すると言っています。
人材紹介会社対象に行われた東京ガス都市生活研究所の調査によると、
面接では最初の3分間で人物面、意欲などが判断されるという結果がでています。≫

(出典第一印象で8割決まる | 転職マニュアル)

================================

これは、準備するよりなにより、心がけでできることです。
上手な言葉なんて必要ありません。

では、どんなところが第一印象に影響を与えるのかというと、

清潔感はもちろん、表情、話し方、声、髪型、姿勢、歯並びや服の色…
ということまで、様々な項目が挙げられます。

清潔感や服装、髪型などはご自宅で整えて頂き、、

表情などはどうずればよいのか?

 

私が担当させて頂いた求職者の方にいつも伝えていることは、

面接官に会った瞬間、
好きなアイドルでも俳優でも、憧れの方でも誰でも良いです。

ずっと会いたかった人に会えたーーー!!
ということをイメージして顔を作ってみてください。

面接直前の緊張している時には、
いろんなことに気を遣うより、これが一番わかりやすいと私は思っています。

実際に私も転職活動の時に心がけていました。
心がけているのといないのとでは雲泥の差があると思います。

他には、会った瞬間、顔の全細胞をパァッと開いて挨拶する。
なんてことも伝えています。
そうすると、表情がパァッと明るくなりますからね。

 

第一印象を与えるチャンスは一度きり。

どんなに悔やんでも取り戻すことはできません。

 

どんな方法でも構いません。
面接を有利に運ぶためにも、面接直前にこのコラムを思い出して頂けると嬉しいです。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録