いまさら聞けない?職務経歴書について!

みなさんこんにちは。担当のNです。今日は転職活動シリーズです。

 

突然ですが・・・・転職活動をする際に、

弊社のような人材エージェントから、もしくは企業の人事の方から、

「履歴書と職務経歴書ありますか?」って聞かれたことありませんか?

 

履歴書はともかく、職務経歴書ってなに・・・?っていうことありませんか?

実は、弊社のような仕事をしているとあるあるの質問でもあります笑

転職活動が初めてだと聞きなれない言葉だと思いますので、

改めてまとめてみました!

 

職務経歴書って?

一言で言ってしまえば「現職での仕事内容を説明して、アピールするもの」です。

※ちなみに、履歴書はご自身の基本情報(名前・年齢・住所・学歴など)を証明するものと

思っていただければと思います!

 

企業の採用担当の方からすれば、面接の際に応募者の基本情報しかわからないと

面接の時にその方がどんな何をされていたのか「??」ですよね。

 

なので、職務経歴書は採用担当者が応募者を

  • 現在、過去にどのような仕事の経験があるのか
  • どのような仕事ができるのか
  • 活躍できる人材か

が基本的に判断するポイント。

 

なので、その紙(職務経歴書)をもとに面接を行いますし、

書類選考においては会う前に応募者を面接するか否か

判断するツールになっているのです。

このように聞くと、「職務経歴書」って大切なんだ・・・と改めて気づかれると思います。

なので、一般的な転職市場では「職務経歴書はこれまでの頑張りを映す鏡」と言われています。

 

何をかけばいいの?

職務経歴書の重要性は改めてご理解いただけたと思います。

では、具体的に何を書けばいいのか?ですよね。

 

例えば、下記のような感じです。

===============================================

職務経歴書

〇年〇月〇日

〇〇 〇〇(氏名)

株式会社〇〇〇〇 〇年〇月〇日~〇年〇月〇日

【事業内容】 飲食店の運営

【業態】〇〇

【従業員数】〇〇名

【座席】〇〇席

【客単価】ランチ〇〇円 ディナー〇〇円

【雇用形態】正社員OR契約社員

【月給】〇〇万円

【月商】〇〇~〇〇万円

【最終役職】〇〇

【マネジメント人数】〇〇人

【業務内容】

平成〇〇年〇月~
「〇〇」〇〇店にて、接客スタッフとして、配膳、レジ業務、クレーム対応等に携わる。
また〇〇年〇月には、〇〇に昇格。ホールでの責任者として、スタッフの育成、採用、接客業務等に携わる。

【自己PR】

私の強みとしましては〇〇の為に〇〇ができます。

【過去】前職では〇〇に取り組み〇〇をやってきました。

その結果、〇〇が〇〇という成果をあげました。

【現在】上記のような経験を経て、現在仕事をする際は「〇〇」ということを常に意識しております。

【未来】この、いままでやってきた「〇〇」と「〇〇」という意識で一日でも早く

御社の戦力となれるよう最大限の努力を致しますので何卒宜しくお願いします。

 

===============================================

 

ホールの方の想定でざっと書きましたが、上記のような内容を書くとよいとされています。

どんなお店(業態、客単価、席数)でどんな業務(ホール、キッチン?)、

役職はついたのか?、マネジメント(数値管理・教育)の経験はあるのか、

現職で身に着けた力、努力した点は何か?など。

 

だいたいその方がどのような仕事をして、どんな働きぶりだったのか、

得意なことは何か?、活躍できそうな人柄なのかがわかりそうですよね。

あとは、当たりまですが誤字脱字、日付の間違い(年号など)は内容に気を付けましょう!

見やすいフォント・レイアウトにしておくことも大切ですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

職務経歴書の大切さ、書き方をなんとなくでもわかって頂けたら幸いです!

 

※弊社では職務経歴書の添削のサポートも行っております!

気になる方がは是非ご相談ください!

 

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録