コミュニケーション能力が大切な3つ理由

コミュニケーション
「コミュニケーションスキル」というものが企業では重要視されています。では、そもそもコミュニケーション能力とはどういったことを指しているのでしょうか。
辞書を引いてみますと、「複数の人間や動物などが、感情、意思、情報などを、受け取りあうこと、あるいは伝えあうこと。」「記号などの何らかの因子の移動を伴う、ある分けられる事象間の相互作用の過程」とあります。しかし、これではちょっと分かりづらいというのが事実です。

ビジネスにおけるコミュニケーション能力とは、「相手の意思を十分に汲み取り、それを踏まえたうえで自分なりに解釈し、自分の意見を言う」ということに尽きると思われます。ここで重要なのは、後半の「自分の意思を伝える」ということよりも、「相手の意思を十分に汲み取る」ことです。相手がなにを要求しているのか、それが分からなければ、いかにいいアイディアであっても、相手に十分な満足感を与えることは出来ません。では、このコミュニケーション能力が大切な三つの理由について考えて見ましょう。

相手の意思を十分に理解する

一つ目は、先に述べたとおり、「相手の意思を十分に理解する」ことはビジネスにおいては非常に重要になってきます。相手がなにを欲しているのかが分からなければ、ビジネスシーンでは上手に商談を進めることは難しいと言っていいでしょう。

自分の意思を相手にわかりやすく伝える

二つ目は「自分の意思を相手にわかりやすく伝える」ことでしょう。特に、エンジニアの世界ではこの能力が重要になってきます。エンジニアの世界に限りませんが、金融やその他の業種でもこの能力は大切です。とかく専門職では専門用語が出てきます。しかし、相手が素人の場合、専門用語の意味がまず分かりません。出来るだけわかり易く説明するように心がけましょう。

人間関係の構築

三つ目は、「人間関係の構築」です。とかくビジネスシーンでは、商談の話しがメインになってきますが、意外となんでもない会話からビッグビジネスのチャンスが舞い込んでくることもあります。そこで重要なのが、信頼関係、人間関係の構築なのです。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録