大衆居酒屋復刻の兆し!?

みなさん。どーも。

最近「サラダ専門店」や「熟成肉ブーム」等、

飲食店において業態などを専門的にして多店舗との差別化をしている傾向にあるかと思います。

専門店であれば、「●●が食べたい」「今日は●●に行きたい」とニーズがあったときに、

お店が選びやすいというのが利点ですよね。

 

ただ、最近ではテレビの影響もあるせいか、「大衆居酒屋」においても復刻の兆しが見えてきております。

「千原ジュニアのヘベレケ」という番組があるのですが、

千原ジュニアがMCの居酒屋を3、4件回るだけの名古屋の深夜ローカル番組で、

テレビの影響もあって、「大衆居酒屋」という体で出店している企業も多くなっているようです。

 

専門店であれば、ある程度の食材にこだわる必要がありますし、

それだけ一回のお食事代も関わるわけなので、用途によっては何回も行けるようなところではないのですが、

大衆居酒屋であれば、「少し汚いけど雰囲気が良い」「安く酒が飲めるから良い」等

違ったニーズが出てきているため、「大衆居酒屋」という業態で、

今後新たなブームが出てくるのではないでしょうか。

 

流行は20年周期で繰り返すといわれておりますが、

まさにこのことなのでしょうか。

ちなみに、私は「専門店」も「大衆居酒屋」もどちらも好きです・・・・以上です。

 

 

 

 

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録