飲食店でのお会計の言い方

こんにちわ!

本日は、飲食店でよく見るお会計についてお話しをさせて頂ければと思います。

飲食店で食事をしたら、お会計を払います。

それはそうです。そもそも払わないと、帰れません。。

お会計の言い方、シチュエーションは様々かと思いますが、

ざっと思いつく限り書き出してみます。

・お会計お願いします

・お勘定お願いします

・ごちそうさまでした

・マスター!おあいそ!

・チェックお願いします

・指でバツマーク

・空中でサインのジェスチャー

・無言でカードを出す

・指をならす

今回はこの中でも、お寿司屋さんで耳にする事がある

【おあいそ】

について少しお話しさせて頂きます。

言葉の由来としましては、漢字にすると【お愛想】と書くそうです。

店主が、お客さんから代金をいただくときに、代金をいただくなんて「お愛想がなくて申し訳ございません」と、申し訳なさを込めて使っていた言葉で、お店側が使う言葉だそうです。なのでお客さんの立場で「おあいそしてください」と言ってしまうと失礼に当たってしまうのです。

お寿司屋さんに行く機会がございましたら、耳を傾けてはいかがでしょうか?

それではまたの機会に!

 

 

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録