あなたは大丈夫?面接のマナーについて。vol.2

こんにちは。担当のNです。

好評につき(?)「面接シリーズvol.2」をお伝え出来ればと思います。

 

今回は、「面接のマナーについて」です。

先日、ご支援させて頂いている方に「面接で何を言うかも迷うけど、そもそもマナーについても不安があります…。」ということで相談を受けましたので、簡単にまとめさせて頂きます。

(ちなみに前回は、『面接で緊張を和らげるコツ』をお伝えしました。是非参考にしてください★

https://www.fs-job.net/column/2601/

 

面接でマナーって何故大切なの?

マナーは人に不愉快な印象を与えないためにとか、社会人として最低限身につけておくべきもの。というようなご意見もあるかと思いますが、面接においては特に必要になるかと思います。

面接は応募企業に「あなた自身を知ってもらう機会(自己PRの場)」だと言えるのではないでしょうか。

  • ○○の業務が得意です。
  • ○○を頑張ってきました。
  • 次の職場では、○○の経験を活かして○○をしたいです。
  • 私は○○のような人です!

等など。

しかし、面接時間ってだいたい30~60分、面接はお互いに初対面であることが多いですよね。

この短い時間であなたのこと全て知ってもらえるでしょうか?…おそらく難しいと思います。

では、どうすれば良いのか?というと面接官に、

「一緒に働きたい」「また話しを聞きたい」「この人だったら上司に提案しても大丈夫だ!」

と思って頂くことになるかと思います。このことから、面接においては「第一印象」が評価として大きなポイントを占めてくるのです。

このことから、相手に良い印象を持ってもらうためにもマナーが重要になってくるのです。

 

マナーのどこを意識すれば良い?

マナーの重要性は理解して頂けたと思うので、具体的にお話しをしたいと思います。

マナー面で面接で特に重要視されるポイントとしては、

  • 身だしなみ
  • 態度、仕草
  • あいさつ、言葉遣い

等が挙げられます。本日はそれぞれについてまとめさせて頂きました。

 

身だしなみについて

当然だとも思いますが、基本的に面接は男性女性関わらず「スーツ」で臨みましょう。

※企業からの指定があった場合は要相談ですが…

身だしなみのチェックポイントを挙げてみました

  • シャツ、スーツにシワがよっていないか(事前にクリーニングに出しておきましょう)
  • 髪型は整っているか(色、セットの仕方、前髪が目にかかっていないか)
  • 靴は磨かれているか
  • ひげは剃る(男性)
  • アイメイクを濃くしすぎない
  • ビジネスバックを持つ

等が代表的でしょうか。

ちなみに、新品のスーツだとしつけ糸(ジャケット後ろの下、ポケットの下、スカートのスリット等)がついていることがほとんどです。忘れずにとって下さいね。

 

態度・仕草について

面接中だけではなく、面接前も大切です!受付に来た時から面接は始まっていると思った方が良いです。

  • 時間を守る(予定時間の5分前に着くくらいがベスト。早すぎるのも良くありません)
  • 忘れ物をしない(履歴書・職務経歴等)(書類はファイルに入れ白い封筒に入れて渡します)
  • コートとマフラーは取って社内に入る
  • 椅子に座る場合は面接官に勧められてから
  • 背もたれに寄りかからず背筋を延ばす
  • 足を組んだり、そわそわしない
  • 面接官の目を見て話す
  • 笑顔で話す

面接の部屋の入り方等細かい様な所もありますが、まずは上記が基本的なポイント。

意識してみましょう。

 

あいさつ、言葉遣いについて

仕事をするうえでも大事なポイントなのでほとんどの方が大丈夫かと思いますが、

  • あいさつを忘れない(受付、面接が始まる前と終わった後)
  • 敬語、丁寧語を使う(ダメ口NG)
  • 相手の話しをしっかりと聞く

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。意識や事前に調べておくだけでも実践できることが多くありますね。

最低限のマナーをしっかりと意識して、面接に臨みましょう。

 

(参考)

http://ten-navi.com/hacks/interview-6-3329

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録