風邪をひきにくい体をつくるには?

皆さん、こんにちは。

近頃、寒暖の差が激しく、体調を崩される方が多くなっていますね。

風邪をひいてしまうと体がだるいのはもちろん、

仕事も効率が悪くなり、何も良いことがありません。

 

風邪

 

 

 

 

 

 

そこで、本日は風邪をひきにくい体を作る為には

どうしたら良いのかをお伝えいたします。

 

■風邪をひきやすい方の特徴

まず、風邪をよく引く方は日々の生活から

知らず知らずの間に免疫力が低くなっている方が多いです。

そこで、風邪をひきやすい方の特徴からお伝えいたします。

 

免疫力が下がる要因

  • 食事が不規則である(食べる時間がバラバラ、朝食を食べない、夜遅く食事をする)
  • 肉類ばかり食べて野菜や魚を食べない。または肉を一切食べない
  • 食欲がない
  • 休肝日がない
  • タバコを吸う
  • 薬を服用することが多い
  • 入浴はシャワーだけですませることが多い
  • 運動不足である
  • 車を使うことが多く、歩く機会が少ない
  • 寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める
  • 朝すっきり起こることができない
  • 日常生活に中でストレスを感じることが多い
  • 体温が35.9度以下である
  • 便秘や下痢をしやすい
  • 風邪をひきやすい、風邪をひくとなかなか治らない
  • 仕事に意欲がない
  • 休日はあまり外出をしない
  • 熱中できる趣味がない
  • 笑うことが少ない
  • パソコンに向かって1日中仕事をしている

上記にチェックが多い人ほど免疫力が低下しやすくなります。

また、疲れやすくなった、口内炎ができやすくなった、肌が乾燥しやすい、などという症状が現れたら、免疫力が低下しているサインです。

 

■免疫力を高めるためには

①体温を高める

体温が1度下がると免疫力は3割低下し、1度上がると5~6倍高まると言われています。近年では平熱が35度台の低体温の人が増えていると言われ、免疫力が低下している人も多いのです。

 

②腸内環境を整える

免疫細胞の6~7割は腸に存在しています。そのため、腸内環境を整えることが、免疫力アップの近道となるでしょう。

腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やすこと。そのためには、腸内細菌であるビフィズス菌や乳酸菌を増やすヨーグルトを食べる事。

 

③食生活の改善

風邪を予防するにはミカンが効果的と言われますね。それはミカンにふくまれるビタミンCが、免疫細胞の元となるタンパク質の生成をサポートする働きがあるからです。

そうはいってもミカンだけを食べていても、免疫力を高めるのは難しいもの。免疫力を高めるには、栄養バランスの取れた食事が大切です。

・にんにく
・納豆
・生姜
・鶏肉
・お茶
・昆布やワカメなどの海草

上記の食材、飲み物を効率よく食生活に取り入れることで

免疫力は上がってまいります。

※参照 女性の美学

 

風邪をひきやすい方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録