転職の目的はなんですか?

皆さん、こんにちは。

いつもご利用下さりありがとうございます。

さて、本日も転職活動における心構えのようなものを少しでもお伝えできればと思っています。

 

タイトルを見て率直にどんな風に感じましたか?

「転職の目的はなんですか?」

こんな問いかけをした際に、意外にもぱっとお答えすることが難しい方は多くいらっしゃいます。

転職を考えるに至るには、ネガティブな要因がキッカケの方もいれば、そうでない方もいます。理由の良い悪いはさておき、「なぜ転職したいのか?」の問いかけに対しては、ほとんどの方はお答えができるはずです。ただ、「転職の目的」が明確になっていない場合が多いです。そのような状態では面接に臨んだところで、「うちに入社をする必要はない人」認定をされて、選考終了です。

 

気をつけるべきは、ネガティブな要因による転職の場合もポジティブな目的を掲げるべきであるということです。

 

例)

Aさん

転職理由:長時間労働で体がもたなくなってしまった。

転職の目的:残業時間が少なく、お休みが取れる企業に入ること

 

Bさん

転職理由:現職ではほぼお休みが取れず、今後継続するに不安がある。

転職の目的:やる時はやる、休む時は休む」のメリハリがあり、自身が最高のパフォーマンスを出せる企業で働くこと

 

AさんとBさん、あなたが面接官であったらどちらを採用したいですか?

Aさんのように「休日休暇がたくさん欲しい」というのも、もちろんれっきとした転職理由・目的です。ですが、雇用する側からしたら、“休み目的での転職”ではなく“最高のパフォーマンスを出せる環境を求める目的での転職”を目指している方の方が活躍されるイメージが湧きませんか?

 

他にも、独立をするためにノウハウを学びたい、高いレベルのスタッフと共に働いて自分自身を鍛えたい、サービスのプロになりたい…等、人それぞれの目的があると思います。

嘘をついてはいけませんが、志望先の企業の面接官だったらどう感じるか?を考えた発言をしましょう。目的がない転職であれば、する必要はありません。

「転職の目的」を今一度考えてみてください。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録