【ブライダル業界】何種類?結婚式のスタイル

皆さんこんにちは!

年が明けてあっという間に1か月が経過しましたね。

寒い日が続いておりますが、体調は崩されていないでしょうか。

風邪を予防するには手洗いうがいも大切ですが、

加湿をするとさらに予防できるようです。

images

 

 

 

 

 

 

さて、本日もウェディング業界のネタです。

結婚式のスタイルについて筆をとらせて頂きます。

今後のキャリアとしてウェディング業界、特にウェディングプランナーとしての転職を

視野に入れていらっしゃる方は頭に入れておくと、

結婚式のご提案を行う際に、大きく役立つと思われます。

images (2)

 

 

 

 

 

■4大結婚式スタイル

 

まず大きく分けて結婚式のスタイルには4つございます。

「ホテル」

「専門式場」

「レストラン」

「ゲストハウス」

それぞれをまずは簡単にご紹介致します。

◆ホテル
宿泊、宴会、レストランなどの複合施設のため、施設設備が充実している(エレベーター、駐車場、バリアフリー、多機能トイレなど)。また、テナントとして美容室や写真室などを持つ。

◆専門式場
結婚式を専門に行うために造られた会場で、挙式会場や披露宴会場を同一施設内に複数併設。日本庭園を有する歴史的なところも多く、日本のウエディング文化を牽引してきた。

◆レストラン
通常はレストラン営業をしている店を貸切、結婚式を行う。披露宴準備を持たないレストランは事前にケアが必要だが、最近では婚礼を前提とした所も登場している。

◆ゲストハウス
ヨーロッパ邸宅のような一軒家を貸切するウエディングスタイルを提案。ほとんど2000年代からの新しい会場タイプのため、カップルのニーズにマッチした施設設備がそろっている。

 

■人気があるのはどの会場タイプ?

アンケートを行ったところ、半数近くが「ホテル」を選んだという結果に。

その理由として多く見られたのが、親族や年配客のことを考えて格式と立地を重視したという点。また同じ理由で、歴史が古く知名度がある「専門式場」への支持もあります。どの会場タイプでも、招待するゲストの顔ぶれによって選ぶ会場タイプの条件を決めたという声が聞かれました。

<ホテルを選んだ理由>
◆彼の実家が遠方だったので招待するゲストが参加しやすいようにホテルにした(32歳/その他)
◆年配者もいるので格式を求めた(31歳/金融・証券)

<専門式場を選んだ理由>
◆雰囲気がオシャレで、専属スタッフのプロ意識が高かったので安心した(28歳/医薬品・化粧品)
◆専門式場だと高級感も出るし、両家の親族にも好まれそうだったから(28歳/情報・IT)

<レストランを選んだ理由>
◆時間を空けてきてくれたゲストが、来てよかったと思えるにはやっぱり美味しい食事が重要(31歳/ソフトウェア)

<ゲストハウスを選んだ理由>
◆自分の好きなようにアレンジできるから(28歳/情報・IT)
◆貸切にできるので、他の利用者とのバッティングがなくいい(27歳/機械・精密機器)

※参考 マイナビ

 

上記の通り、ホテルブライダルが人気となっておりますが、

その他のスタイルにニーズが無い訳ではございません。

 

この点から、それぞれのスタイルのメリット、デメリットを把握しておくことで、

結婚式の提案やプランニングを行う際に役立つと思われます。

 

もし、ウェディングプランナーという職にご興味がおありでしたら、

私藤原にお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ここまで読んでくださり、誠に有難うございます。

 

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録