本部スタッフとして転職するときの必要な3つのスキル

本部スタッフ
働き方には「派遣」「正社員」「アルバイト」と大きく分けて3種類あります。派遣社員に関してはこんな調査報告があります。
現在、支店で働く人たちの中には、このまま支店で働き続けたいと思っている人も、いずれ本部社員になりたいと考えている人もいます。本部社員になりたいと考えているスタッフは全体の約4割(出所:日本人材派遣協会「2009年度派遣スタッフWebアンケート—1万人調査—」)。となっています。

本部スタッフは

「安定して働けるから」「やりがいのある仕事ができるから」「収入が高いから」など人それぞれです。本部社員になるために企業の中途採用募集に応募すると、ずっと本部社員として働いてきた人と同じ採用選考で競い合うことになります。企業は人物や能力の絶対的な評価というよりも、応募者の相対的な評価で採用選考を行うため、本部社員として働いてきた人の方が高く評価されやすいものです。

必要な3つのスキル

  • ヒューマンコミュニケーション

サラリーマンは一人では決して仕事を成功させることは出来ません。多くの部署にお世話になりながら仕事をして行くものです。そういったこといから対人関係を円滑にするためのスキルが重要になってきます。

  • バランス感覚

他部署の調整をバランスよく調整できる能力のことです。本部スタッフともなれば、外部からの営業電話による他部署への連絡、各店舗からの依頼、チェックなど様々な業務で多方面の方と動くことが多くなります。
そのときにスケジュール管理や動かす力が必要なのです。

  • ギブアンドテイクの精神

企業はたいてい正社員に、営業目標をもって会社が利益をあげるのに貢献してほしい、また、いずれ管理職としてマネジメントを受け持ってほしい、店舗のの立ち上げを頼みたい・・・など、その方に裁量と責任と期待しています。やりがいを与えてくれますので、しっかりとした成果を出すことが大切です。
面談時に必要なこととしては、「求められたものへの達成」を数字で表現しますと、非常に役に立ちます。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」で転職を成功させる

人事のプロ「ヘッドハンティング会社のノウハウ」と「飲食業界専門の転職コンサルタント」で皆さまをフルサポートさせていただきます。履歴書や職務経歴書の書き方はもちろんのこと、気にある面接対策や店舗の現場情報を可能な限りご提供させていただきます。店長(候補)、料理長(候補)、本部職、事務職など、様々な求人案件を皆さまのキャリアアップを考えるとともに正社員案件をご紹介させていただきます。

会員登録